ソ連に数百万人の中国人がいる!?

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.102:家族や数百万人のロシア人や中国人がいる祖国のこと。そこで過ごした日々、私はいつも孤独でちっぽけな一人の男でしかありませんでした」 Telperion訳:家族のこと、祖国のことを考えました。何百万ものロシア人、同じく何百万もの中国人がいることを考え、自分がここにいることを考えました。まったく一人、まったくちっぽけで…一人の人間に過ぎないのです。 原本『Noureev』:J'ai...
全部読む

亡命時のヌレエフをロゼラ・ハイタワーは見なかった

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.97:一方ブルジェでは、バレエ団の団員たちがロンドンに向けて旅立とうとしていました。その時突然、二人の男たちにはさまれているヌレエフの姿が見えました。彼らはモスクワに向かう飛行機に彼を乗せようと誘導しているところでした。 Telperion訳:しかしブルジェでバレエ団がロンドンに飛び立とうとしており、突然彼はモスクワに引き返す飛行機に自分を送り込もうとする2人の男に挟ま...
全部読む

フランスで一般人が刑事を雇うという嘘くささ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.114:ラランは二人の私服刑事を雇い同行させることを余儀なくされた。 Telperion訳:ラランは2人の私立探偵を雇い、至る所で彼に同行させなければならなかった。 原本『Noureev』:Larrain doit engager deux détectives privés pour l'accompagner partout. ヌレエフが亡命後に最初に契約したクエヴァス・バレエの監督レイモンド・ド・ラランが、KBGの嫌がらせやヌレエフの不安に対し...
全部読む

プティが作品を引き上げたのはベジャールのためではない

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.260-261:“ノートルダム・ド・パリ”事件以来二年間ヌレエフと冷戦状態にあったローラン・プティに助けを求めた。この振付家はオペラ座のレパートリーから彼のすべての作品を引き上げるよう要求した。 Telperion訳:ローラン・プティの助けを求めた。プティは疑わしい「ノートルダム・ド・パリ」が原因で2年間ヌレエフと冷戦状態だった(このフランスの振付家はオペラ座のポスターから自作...
全部読む

オランジュリーは美術館でなくレストラン

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.226:パリではマキシムかオランジュリー美術館で食事をするのを好んでいた。 原本『Noureev』:À Paris, il aime souper chez Maxim's ou à l'Orangerie de Jean-Claude Brialy. Telperion訳:パリではマキシムか、ジャン=クロード・ブリアリのオランジュリーで夜食を取るのが好きだった。 ヌレエフごひいきの料理店についての文。マキシムは今も健在の有名レストラン。 ジャン=ク...
全部読む

マカロワやバリシニコフはヌレエフより先に帰国

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.284:オレグ・ビノグラフ(原文ママ)が提案した招待公演は、後年バリシニコフやマカロワが帰国した際にも同様に行われた。 Telperion訳:そういうわけで、キーロフの招待がオレグ・ヴィノグラドフから発信された。ヴィノグラドフはバリシニコフとマカロワの帰還後、同じ流儀でタタール人を招いた。 原本『Noureev』:Ainsi, l'invitation du Kirov émane d'Oleg Vinogradov qui, après le ...
全部読む

練習の遅れは抗議の結果

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.258:リハーサルが二週間遅れたことへの抗議はありました。 Telperion訳:抗議の結果、練習が15日2週間遅れました。 原本『Noureev』:il y a eu des contestations qui ont retardé les répétitions de quinze jours. 1984年にヌレエフ版「白鳥の湖」を上演したときのトラブルについて釈明するヌレエフの言葉。 直訳は「練習を15日2週間遅らせた抗議がありました」。練習が遅れたの...
全部読む

ennui(困ったこと)とennemi(敵)

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.83:ピエール・ラコットは当時を振り返って彼の言葉を伝えた。「もしこのままずっと会い続けたらあなたは敵を作ってしまうでしょう。私自身も敵になりかねません」 Telperion訳:「『僕があなた方に会い続けたら、あなた方はやっかいなことになるでしょうし、僕もです』と言われました」とピエール・ラコットは振り返る。 原本『Noureev』:« Si je continue à vous voir, nous a-t-il di...
全部読む

根拠薄弱と思われるイヴ・サンローランとの恋愛

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.182:そしてデザイナー界の第一人者イヴ・サンローランがいた。 Telperion訳:そして、かのデザイナーの伝記作家の1人を信じるなら、イヴ・サンローランである。 原本『Noureev』:et, si l'on en croit l'une des biographes du couturier, Yves Saint Laurent. ヌレエフと恋愛関係にあった有名人として、原著者メイエ=スタブレ(Meyer-Stabley)がいくつかの名前を挙げた後、最後にも...
全部読む

知性的で強い性格なのはヌレエフ

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』P.240:ジョナサン・ベンソンは推測する。「彼は台本とは違い知性的で強い性格の人物を誕生させ、より強く非常に頑固一徹に演じたのです。 Telperion訳:ジョナサン・ベンソンは考える。「ヌレエフの性格の知性と強さが、脚本と厳密には同じでない人物を生み出したのです。この人物の方が強く、はるかに頑固一徹です。 原本『Noureev』:« L'intelligence et la force de caractère de Nour...
全部読む