提案に耳を貸すそぶりだったヌレエフ

『ヌレエフ』P.290:これが報道されたとき、ある若きエトワールはヌレエフにこう示唆した。「彼は感じは良いがなんの経験もありません。カドリーユとして入団し、本当に上達すれば四年以内にはエトワールになれるでしょう」 Telperion訳:そして、当時オペラ座のある女性エトワールがほのめかしたことがヌレエフの耳に入った。「彼は感じが良いですが、何の経験もありません。単なるカドリーユとしてバレエ団に入りさえすればよいの...
全部読む

異論を唱えるのでなく唱えられるヌレエフ

『ヌレエフ』P.290:服従すべき立場であったが芸術上の選択に関しては反対意見も申し立てられる彼は、ベルジェのもとに急いだ。 Telperion訳:異論の対象にはならないが、その芸術上の選択には異議の余地があることが多い彼は、ベルジェと対立した。 原本『Noureev』:Incontesté, mais souvent contestable dans ses choix artistiques, il se heurte à Bergé. パリ・オペラ座を統括することになったピエール・ベルジェがバレ...
全部読む

目覚しいチームワークが今一つな人間関係に

『ヌレエフ』P.265:ヌレエフは団員たちとも打ち解けていたのだろうか。「フランスのダンサーたちは実に個性的です」牽引しながら彼は実感していた。“ジゼル”は数え切れないほど踊ってきたが、団員たちと会話を交わしたことは一度もなかった。 Telperion訳:チームワークの中で花開いたヌレエフだろうか。「フランスのダンサーは本当に気骨がある」。率いながら彼は悟った。かつて「ジゼル」で千回以上踊りながら、決して会話を交わ...
全部読む

主題はダンサーたちの反発心

『ヌレエフ』P.257:ダンサーたちはますます苦境に陥っていくように見えた。彼らは体操選手でしかないことを不満に思い、シリル・アタナソフなどエトワールたちは最小限の役しかもらえず、海外でも活躍できないと嘆いていた。 Telperion訳:ダンサーたちはますます辛辣になるようだった。彼らは体操選手でしかないと不満を訴えた。シリル・アタナソフなど、パリのちっぽけな役目のせいで国外で力の限り輝けないことを嘆くエトワール...
全部読む

ヌレエフは妥協案も含めて撤回した

『ヌレエフ』P.290:私はケネス・グレーヴをエトワールとしても規定通り三年間は契約しません。 Telperion訳:ケネス・グレーヴェをエトワールとして雇うことも、取り決めたように3年間雇うこともしません。 原本『Noureev』:Je n'engagerai pas Kenneth Greve comme étoile ni pour trois ans comme c'était convenu. ヌレエフが無名の若手ダンサーをいきなりエトワールにしようとしたものの、ダンサーたちの強硬な反対にあっ...
全部読む

ダンサーとしての成功から監督としての成功へ

『ヌレエフ』P.265:ヌレエフに一体何があったのだろう? 予想を上回る成功が、彼の別の一面を引き出したのかもしれない。芸術監督としての仕事は熱狂的に評価されパリ・オペラ座バレエ団は魔法のような大勝利を収めた。 Telperion訳:ならばヌレエフに何が起こったのか? 何があったのか? そう、さらなる成功ではあるが、異なる性質のものだ。監督の仕事が熱狂的に認められ、パリ・オペラ座バレエが見事に勝利を収めたのだ。 原...
全部読む

内部糾弾者に対する原著者の視線は冷たい

『ヌレエフ』P.279:マスコミは話をいちいち増長したが、ヌレエフにはメディア的に名誉を回復して応戦する時間も意欲もなかった。彼は言い放った。「私はパリでは愛されていないのです」 Telperion訳:もちろん、マスコミはこのような背信行為のすべてを反響させる役目を果たしたが、ヌレエフにはメディア面で再興して応酬する時間も意欲もなかった。彼はかろうじて漏らした。「私はパリでは好かれていないのです」 原本『Noureev...
全部読む

自重を強いられたヌレエフ

『ヌレエフ』P.278:ルドルフはこの頃から体の衰弱を意識し始め、もはや喧嘩に費やす時間はなかった。彼はよく「フランス人達はチャーミングでベラベラ意味なくしゃべりまくっている」と皮肉っていた。 一方彼のガルニエ宮の改革はオペラ座の怒りを買ってしまった。 Telperion訳:ルドルフは特にこの後、自分の弱さを意識して、もう誰とも喧嘩で失うべき時間はなかった。近しい人との間では、彼はいつもこう言って皮肉っていた。「...
全部読む

自らによるルグリ任命にヌレエフが執心したとは限らない

『ヌレエフ』P.261:ピエール・コンベスコはパリマッチ誌の中で疑問を投げかけている。 「こんなことをして誰の役に立つのだろう? お気に入りのダンサーのエトワール指名を出し抜かれたヌレエフのため? Telperion訳:「この罪な行為は誰の利益になるのか?」ピエール・コンベスコはパリ・マッチ誌で尋ねる。「エイプリル前のフールを消耗させたヌレエフか? 原本『Noureev』:« À qui profite le crime ? interrogera Pierre Com...
全部読む

監督という肩書は変わらない

『ヌレエフ』P.290:この時点までオペラ座バレエ団で唯一の主であったヌレエフは以後名誉監督になり、ジャン-アルベール・カルティエによる計画推進が決定したと発表された。 Telperion訳:それまでオペラ座バレエの唯一の主だったヌレエフには今後は指示者監督ジャン=アルベール・カルティエが付けられ、カルティエは自分の流儀でかじ取りをする決意が固いことを表明した。 原本『Noureev』:Seul maître à bord du Ballet de l'...
全部読む