ストリップ劇場のいかがわしさの微妙な差

『ヌレエフとの密なる時』P.51:年端の行かないダンサーたちが観客たちの前で色あせた衣装を1枚1枚はぎとっていき、むくつけき男たちはその様を見ながら膝の上にぶっきらぼうに置かれたレインコートの下の手をせわしなく動かしていた。 Telperion訳:年齢不詳のダンサーたちが男性だけの客の前で色あせた衣装をむしり取り、客たちの手は膝の上に無造作に置かれたレインコートの下で忙しくしていた。 原本『Temps Liés avec Noureev...
全部読む

パリオペ監督が高い地位とは言っていない

『ヌレエフとの密なる時』P.88:オペラ座バレエ団の芸術監督は、だれかあるいは何かがその2つの椅子を外させる瞬間までは非常に高い地位だけれど、その時唐突に君は地面に放り出されてしまうのだよ」 Telperion訳:オペラ座バレエの監督は自分がとても安定していると信じているが、それもある日、何かが2つの椅子を離すまでのことで、すると不意に尻餅をついているのさ。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Le directeur du ballet...
全部読む

ヒーローでも卑劣でもないタランティーノ

『ヌレエフとの密なる時』P.62:粗暴で偏狭で卑劣なヒーロー、タランティーノ(注9)にも似ていた。 Telperion訳:タランティーノの下劣な主人公たちのように、粗暴で偏狭だった。 原本『Temps Liés avec Noureev』:et tels les héros sordides de Tarantino, brutal et borné. ヌレエフを「モリエールの守銭奴のように倹約家、ユノのように忠実」などとたとえ続けた文の最後を締めくくる比喩。 タランティーノは新倉真由美の...
全部読む

尽きることがない悲しみの勝手な創作

『ヌレエフとの密なる時』P.100:ロンドンではモード・ゴスリングが彼の名を口にしては、ずっと尽きることのない悲しみに付きまとわれていた。 Telperion訳:ロンドンではダンサーの名が発せられたとたんにモード・ゴスリングが至る所に現れる。 原本『Temps Liés avec Noureev』:à Londres Maude Gosling est omniprésente dès que le nom du danseur est prononcé. モード・ゴスリングはヌレエフの生涯にわたる親しい友人の一...
全部読む

友人たちはヌレエフを亡き後も忘れない

『ヌレエフとの密なる時』P.99:今もなお、ヌレエフを失ってしまったやもめたちがパリの通りを走り抜け交差し、出会いまた忘れ去っていく。 Telperion訳:今日、ヌレエフのやもめたちはパリの通りを走り、すれ違い、出会い、自分を忘れる。 原本『Temps Liés avec Noureev』:Aujourd'hui les veuves Noureev courent les rues de Paris, se croisent, se rencontrent et s'oublient. ヌレエフ亡き後の喪失感を抱えた人々の描写...
全部読む

ブルジェ空港のKGBとCRS

『ヌレエフとの密なる時』P.14:KGB(ソ連の国家保安委員会)はソ連市民であるヌレエフの自由を阻止するため、私服の警官を使って非常警戒網を張りめぐらせていた。フランスのCRS(共和国保安機動隊)はKGBの意図を測りかねながら、あらゆる偶発的な亡命の事態に備え、空港のあちらこちらに巧妙に配置されていた。 Telperion訳:KGBはこのソ連国民の自由を妨げるために、フランスのCRSに同伴された私服のロシア警官ででき...
全部読む

クジラは漂着生物でなく展示品

『ヌレエフとの密なる時』P.59:それはまさに私が、ヌレエフと傷を負い弱々しく陸に打ち上げられた鯨との共通点について発言した時だった。パリジャンたちはこぞって波打ち際へ急ぎ、海の巨獣を見ることを切望していた。ただ単に「そこに行ってそれを見てきた」と言うためだけに。 Telperion訳:ルドルフとアンヴァリッドの広場に展示されたクジラが似ていることを語ろうとして私が発言したのは、ちょうどこの時だった。パリの人々...
全部読む

存在しなさそうな技法マネージュ・コンポゼ

『ヌレエフとの密なる時』P.32:単純で長いマネージュ・コンポゼ(注2) Telperion訳:非常に単純なパから成る長いマネージュ 原本『Temps Liés avec Noureev』:un long manège composé de pas très simples ローラン・プティがフォンテーンとヌレエフに初めて振り付けた「失楽園」の振付の一部。 文法的な説明 manègeはバレエ用語 pasはバレエ用語 "composé de ~"は「~から構成される」 これだけ分かっていれば、誰でも...
全部読む

ポワントのダブル・フェッテができるのが世界に一人?

『ヌレエフとの密なる時』P.52-53:「舞踊界において私は私以外の何者でもなく、ヌレエフでさえできなかったダブルフェッテ(注2)をポワント(爪先立ち)でできる世界で唯一のダンサーなのだ」 同P.65:注2 ダブルフェッテ 片足の跳躍を利用してもう一方の足で行う回転技で、本来は男性ダンサーのみが行う超絶技巧。 Telperion訳:「バレエにおいて私はどうでもいい人間ではなく、世界で唯一ポワントでダブルのフェッテ*をした男性ダン...
全部読む

官僚兼マエストロ?

『ヌレエフとの密なる時』P.85:文化庁に勤務していたマエストロ、ロシュ=オリヴィエ Telperion訳:文化省で働くロッシュ=オリヴィエ・メーストル 原本『Temps Liés avec Noureev』:Roch-Olivier Maistre qui travaille à la Culture ヌレエフが1987年にソ連に一時帰国したとき同行した人物。Roch-Olivierはハイフンでつながれているので、ひとまとめでファーストネームであり、Maistreが姓。『Noureev』にこの名は出ないが、...
全部読む