伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

2014.04.14
ジジが話しかけた相手はプティ
2013.03.09
ダンサーたちの頑固さの度重なる強調
2013.02.21
プティが金銭的な負担を度外視できるはずがない
2013.01.30
「オー・カルカッタ!」へのプティの関心の程度
2013.01.29
プティはタクシーに乗らずに人が少ない道を歩いた

ジジが話しかけた相手はプティ

『密なる時』P.21:
やがて妻が現れ、「私が全部アレンジします」と代わりに言ってくれ、それを聞いて私は眠りについた。
プティ原本:
Ma femme est arrivée et a pris le relais, « j'arrange tout » me dit-elle, et je me suis endormi.
Telperion訳:
妻が来て交代し、私に「みんな手配するから」と言い、私は眠りに落ちた。

フォンテーンがプティに新作を依頼し、まだ病床にいるプティが即答できなかったときのこと。

妻ジジ・ジャンメールの言葉« j'arrange tout »の後にある"me dit-elle"は、"elle me dit"(彼女は私に言った)の倒置文。つまりこの言葉はジジがプティに向かって言ったもの。プティは衰弱しているとはいえ意識があり、自分でフォンテーンと話していた。ジジが代理となる前にプティに一言断るのは自然だと思う。

新倉真由美の「代わりに言ってくれ」では、ジジがプティの代わりにフォンテーンに向かって言ったとしか読めない。

ダンサーたちの頑固さの度重なる強調

『密なる時』P.40-41:
しかしイギリスのダンサーたちは、隣国のフランス人ほどその冒険にすばやく順応しなかった。
その作品が難しかったとはいえないが、床をはうようして(原文ママ)踊ることに抵抗を示すダンサーたちを、そういう斬新な方法で踊らせるのはほとんど不可能だった。
プティ原本:
Mais voilà, les danseurs anglais étaient moins prompts à l'aventure que leurs voisins les Français.
C'est peu dire que le travail était ardu, il était quasiment impossible de faire se mouvoir différemment ces artistes, réfractaires à toute reptation.
Telperion訳:
しかしなんと、イギリスのダンサーたちは冒険に挑むのがフランスの隣人よりなお遅かった。
仕事が困難だったなどという生易しいものではない。這うのを何だろうと嫌がるこのアーティストたちに違った動きをさせるのは、ほぼ不可能だった。

プティがフォンテーンとヌレエフとロイヤル・バレエのために、奇抜な振付の「ペレアスとメリザンド」を創作した時のこと。ここで触れられたフランス人とは、「ペレアスとメリザンド」と似た手法の「トゥーランガリラ」を初演したパリ・オペラ座のダンサーたち。

冒険に順応させるのが大変だったフランスのダンサーたち

プティも新倉真由美も、イギリスのダンサーはフランスのダンサーより冒険に消極的と書いている。決定的に違うのは、フランスのダンサーがどれくらい冒険に積極的だったかの描写。

プティ
ここのすぐ前で「トゥーランガリラ」に触れたとき、「踊らせるのに多大なエネルギーと外交手段を要した」と書いている。
新倉真由美
  • ここでは、まるで冒険に素早く順応したかのように書いている。
  • この前では、プティがエネルギーと外交手段を使ったのは稽古場の整備であり、ダンサーたちは従順に踊ったような書き方をしている。

プティが言いたいのは断じて「フランスのダンサーは順応力が高いが、イギリスのダンサーはそうではない」ではない。「あのさんざん手を焼かせたフランスのダンサーより、イギリスのダンサーはもっと言うことをきかなかった」なのだ。

高校英語で"A whale is no more a fish than a horse is."(馬が魚でないのと同じくらい、クジラは魚でない)という構文を習った人は多いと思う。新倉真由美はいわば、これを「馬は魚だが、クジラは馬ほどは魚でない」と訳したようなもの。「踊らせるのに苦労した」を理解できなかったことが、後々まで響いた。

難しかったという言い方は不十分

新倉真由美の「その作品が難しかったとはいえないが」に当たる原文はこれ。

C'est peu dire que le travail était ardu,

直訳は「仕事が難しかったということは、少なく言うことだ」といったところ。"C'est A que B(文)"(BだということはAだ)という構文を使っている。ここで迷うのが、「少なく言う」(peu dire)の意味。手掛かりとして、次のイディオムに注意してほしい。

C'est peu dire.
こう言うだけでは十分でない。

直訳は「これは少なく言うことだ」。上の文とこのイディオムの直訳を見比べると、「少なく言うことだ」=「十分な言い方ではない」だと類推できる。

文を読み進めれば分かるとおり、プティが難しさを強調したのは、自分の振付を踊らせるという過程。だから最初に、作品(œuvre)でなく仕事(travail)と呼んでいる。

更新履歴

2014/9/26
説明をもう少し丁寧にする

プティが金銭的な負担を度外視できるはずがない

『密なる時』P.17:
しかしその活躍のどれひとつをとっても、私の経済的な懸念とは、なんとかけ離れていたことだろう。首尾よく金策するコツをつかんで新しいバレエ作品の創作が可能になれば、私のバレエ団の成功に弾みをつけることになるのだが、すべては金銭的な負担を度外視して行われていたので、それに対する心配は終始私に取りついたままだった。
プティ原本:
Comme tout cela était loin de mes préoccupations financières, de mon souci permanent de trouver les astuces qui me permettent de créer les nouveaux ballets qui feraient rebondir le succès de ma compagnie.
Telperion訳:
私の財務上の懸念、私のカンパニーの成功に弾みをつけるだろう新作バレエを創作できるようにする妙案を見つけることへの絶え間ない気がかりから、何もかもどれほどかけ離れていたことか。

バレエ・ダンサーとしてはありえないレベルの社会現象になったヌレエフをわが身と比べるプティ。

原文の中心的な部分は前半のここまで。

Comme tout cela était loin de mes préoccupations financières, de mon souci permanent
(私の財務上の懸念、私の絶え間ない気がかりから、すべてはどれほどかけ離れていたことか。)

以降の部分は、プティの気がかりの内容。

de trouver les astuces qui me permettent de créer les nouveaux ballets qui feraient rebondir le succès de ma compagnie
(私のカンパニーの成功に弾みをつけるだろう新作バレエを創作するのを許す妙案を見つけることの)

私には上の内容すべてを分かりやすく並べた訳を作れなかったので、最初に提示した全訳は直訳のままになっている。「気がかり」を修飾する「私のカンパニーの~絶え間ない」が長すぎて、うっとうしいことこの上ない。だから、新倉真由美が直訳を避けるべく奮闘しているのを、私はとやかく言える立場にいない。

しかしひとつだけ、新倉真由美の文で見過ごせない部分がある。「すべては金銭的な負担を度外視して行われていたので」。これに対応する原文はない。しかも実際にもありえそうにない。

新倉真由美の文にある二通りの財務状態

新作バレエの創作にかかる費用をすべて後払いできるとは思えない。自分の財産であれ、誰かからの融資であれ、まずは上演にこぎつけられるだけの金を用立てなければならない。だからプティはそのための妙案探しに頭を悩ませている。原文中の" feraient rebondir le succès"(成功に弾みをつけるだろう)が条件法の時制で書かれているのは、その成功が現実のものでないから。

金策に苦労するバレエ団の面影は、新倉真由美の文にも残っている。

首尾よく金策するコツをつかんで新しいバレエ作品の創作が可能になれば、私のバレエ団の成功に弾みをつけることになる

まだ創作が可能になっていないような言い方。ところが、次の文はその状態と合わない。

すべては金銭的な負担を度外視して行われていたので、それに対する心配は終始私に取りついたまま

まるでプティのバレエ団が放漫経営で、プティが財務破綻を心配しているかのよう。しかしこの場合、新作バレエの創作はすでに可能なはず。

更新履歴

2014/9/23
説明を詳しくする

「オー・カルカッタ!」へのプティの関心の程度

『密なる時』P.66:
ニューヨークでは、『ヘアー』(注1)が大成功を収めた後に『オー! カルカッタ!』(注2)が続いていた。クロヴィス・トルイユの有名な絵にインスピレーションを感じて生まれたこの作品を見ずしてこの街を訪ねることは、もはや私には不可能だった。作品の主題は、フランス語のタイトルからもわかるように女性的で豊満なヒップである。
プティ原本:
Après le succès de Hair, Oh ! Calcutta ! était le must de New York, impossible de visiter la cité sans voir ce spectacle provocant inspiré du fameux tableau de Clovis Trouille dans lequel le sujet central est un opulent derrière féminin, d'où le titre en français.
Telperion訳:
「ヘアー」が成功した後、「オー・カルカッタ!」がニューヨークでは必見であり、この都市を訪れてこの挑発的なショーを見ずにすませることは不可能だった。ショーの着想を与えたのはクロヴィス・トルイユの有名な絵で、その主題は女性の豊満な尻であり、そこからフランス語の題名が生まれた。

プティによるミュージカル「オー・カルカッタ!」の紹介。

熱狂しているのはプティ自身でなく当時のニューヨーク

「もはや私には」に当たる語句は原文にない。プティの文は単にニューヨークが「オー・カルカッタ!」で沸き返っている様子を説明しているだけ。

プティが当初は「オー・カルカッタ!」を見ようとしていなかったことはこの後分かる。しかしそれについて書く前に、上記引用についてもう一つ書いておく。

「オー・カルカッタ!」の着想を生んだクロヴィス・トルイユの絵

主題から題名が生まれた

d'oùは「以上のことから」。d'oùの前に書かれていることから、d'oùの後に書かれていることが結果として生じる。この場合、起因と結果は次のとおり。

起因
le sujet central est un opulent derrière féminin (中心的な主題は女性の豊満な尻である)
生まれたもの
le titre en français (フランス語の題名)

題名から主題が導き出されるのではない。

絵の題は「オー・カルカッタ!カルカッタ!」

『密なる時』出版の2006年当時は違ったかも知れないが、現在はトルイユの絵についてインターネット上でいろいろ読める。それによると、この絵の題名は「Oh! Calcutta! Culcutta!」。Calcuttaがフランス語の"Quel cul t'as"(何というお尻をしているの)に似た発音なのが題名の由来。

絵を見れば主題は一目瞭然。そして、フランス語に親しんでいる人なら、「だからカルカッタという名なのか」と納得することだろう。しかし先に題名を読んだ場合、お尻の絵だと予想できる人は多分少ない。

プティはヌレエフに言われて観劇を決めた

ここで取り上げるのは上の少し後に書かれた文。本来は別記事にするべきだが、上の時点でプティが観劇を決めていなかったことを示す文なので、同じ記事で取り上げる。

『密なる時』P.66:
ヌレエフからは電話で「必ず観て」と言われ、席を探すのには苦労したが、
プティ原本:
Noureev me téléphone, « you can't miss that** », et me voilà parti à la recherche de la place introuvable,
** « Tu ne peux pas manquer ça. »
Telperion訳:
ヌレエフが「見逃すなんて無理(英語)」と電話してきて、私は見つからない席を探し始め、

"A(人称代名詞の直接目的語) voilà B(属詞)"は「Aが今Bとなった」というような意味。新倉真由美が訳さなかった"me voilà parti"は、「私が今まさに始めた」となる。新倉真由美の書き方だと、ヌレエフの電話の前からプティは観劇する気満々だったように見えるが、プティが「オー・カルカッタ!」のチケット探しを始めたのは、ヌレエフに勧められた後だった。

プティが観劇後に危ない目にあった後で、ヌレエフに八つ当たりしたくなったと私は疑っている。ヌレエフの勧めで初めて観劇を決心したということも、「君が勧めなければあんな目に合わずにすんだ」と八つ当たりしたい理由になったかも知れない。

更新履歴

2015/2/24
見出しを増やす

プティはタクシーに乗らずに人が少ない道を歩いた

『密なる時』P.66-67:
この滑稽なフェスティバルに参加した後、私は劇場の出口で群衆に急き立てられながらタクシーを探した。劇場の前にはあまりタクシーが来なかったが、チップを弾んで一番時流に乗った話題の場所に連れて行ってもらった。
プティ原本:
Après avoir assisté à ces festivités burlesques, à la sortie le public se bousculait pour obtenir la faveur d'un des rares taxis qui se trouvaient devant le théâtre en leur promettant un bon pourboire s'ils acceptaient de les conduire dans un lieu plus civilisé.
Telperion訳:
これらのこっけいなお祭りを見物した後、出口で観客は、劇場の前にいるごく少ないタクシーのうち一台の好意を得ようと押し合いへし合いし、もっと文明の発達した場所に連れていくことに同意するならチップをはずむと約束した。

プティがヌレエフの勧めで「オー・カルカッタ!」のオフ・ブロードウェイ上演を見た後のこと。

タクシーに乗ろうとしたのは観客

この文の主語は"le public"(観客)であり、タクシーに乗るために押し合いへし合いした(se bousculait)のも、タクシーにチップを約束した(en leur promettant)のも観客。この文でプティを指す代名詞は一切使われていない。後で書くとおり、プティはタクシーに乗ることを早々にあきらめた。

劇場は文明的な場所にない

観客たちはチップを約束するとき、「もしもっと文化の発達した場所に自分たちを連れて行くことに同意するなら」(s'ils acceptaient de les conduire dans un lieu plus civilisé)と条件を付けている。"plus civilisé"は定冠詞leが付いていないので、最上級「最も文明の発達した」でなく比較級「もっと文明の発達した」。観客たちは一番時流に乗った場所に行きたいのではない、現在いる場所より流行に近い場所で充分なのだ。

プティが来ている劇場は、タクシーがなければ帰れないし、そのタクシーも少ない。交通の便の悪いところにあると分かる。よその場所に行くのを「もっと文明の発達した場所に」と表現していることも、劇場のある場所の物寂しさを表している。

ヌレエフの観劇推薦がもとでプティは危険な場所に来た

引用文のすぐ後で、段落を変えてプティの行動が書かれる。それによると、プティは徒歩でホテルに帰ろうとするが、治安の悪い場所に迷い込み、ごろつきの集団に襲われる。しかし幸運にも大事にはならずにホテルに帰れた。その後でプティはヌレエフに電話して、「かくも素晴らしい見世物を推薦してくれたことのお礼を述べた」(原文は"en le remerciant de m'avoir conseillé un si charmant spectacle")。

難を逃れた直後というタイミング、そしてプティにとっては「オー・カルカッタ!」よりその後の災難のほうが印象に残っているらしいことを考えると、プティのお礼には、「いい劇を教えてくれてありがとう」と同時に「君の勧めに従ったせいでひどい目にあった」という嫌味がこもっているように見える。

プティが劇場から徒歩で帰る途中で災難に遭ったなら、直後のプティが「ヌレエフの勧めがなければあんなへんぴな場所に行くこともなかった」と八つ当たりしたくなったとしても、心情的に分からなくもない。一方、新倉本ではプティは「一番時流に乗った話題の場所」からの帰りに災難にあったので、そこを歩いたのはまったくヌレエフのせいではない。プティのお礼の電話は文字通りの感謝の表れか、あるいはヌレエフへの筋違いな恨み言ということになる。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する