父の姓はかつてヌリエフだった

『ヌレエフ』P.20:父親の Hamet (Nouri の息子) と Farida はタタール人とロシア人の区別をしていなかった。 Telperion訳:父ハメット・ヌリエフ(「ヌリの息子」)、そしてファリダは、言いたいことをタタール語またはロシア語で区別なく話していた。 原本『Noureev』:Son père, Hamet Nouriev (« fils de Nouri »), et Farida s'exprimaient indifféremment en tartare ou en russe. 本来ファスリという姓だった一族からヌレエ...
全部読む

必ずしも人格者でないエリック・ブルーン

『ヌレエフ』P.183: 私が知っているエリックは厳格な人でした。 Telperion訳:1970年代の初めにエリックを知ったとき、彼は辛辣な人でした。 原本『Noureev』:Erik était un homme amer quand je l'ai connu au début des années 1970. 往年のダンサー、ソニア・アロワが語るエリック・ブルーン。 当時のブルーンには攻撃性があった amerの意味としては、次のものが挙げられる。いずれも、自らが苦い思いをするのでなく、周...
全部読む

いなかったことにされたジャーナリスト

『ヌレエフ』P.91: 何人かの共産主義のシンパのほかにはパリの名士やマスコミの姿はなかった。 Telperion訳: その中に、パリ・マッチ誌のジャーナリスト、オリヴィエ・メルランがいた。何人かの共産主義のシンパを別にすると、パリの名士は誰もおらず、他のジャーナリストは誰もいなかった。 原本『Noureev』: Parmi eux, Olivier Merlin, journaliste à Paris-Match. À part quelques sympathisants communiste, aucune personn...
全部読む

フォンテーンの鼻

『ヌレエフ』P.142:彼女は結婚前、直感を働かせ、だまされているのではないかと注意を払った。 Telperion訳:彼女は結婚前、鼻の整形に注意を払った。 原本『Noureev』:Elles a pris soin de se faire refaire le nez avant le mariage. "se faire A(他動詞) B(他動詞の目的語)"とは、「BをAさせる、してもらう」という意味で、使役の表現の一種。Aにあたるrefaireには「やり直す」「元通りにする」などさまざまな意味があるが...
全部読む

フォンテーンのあおりを食らったのはパートナー

『ヌレエフ』P.132:そしてその至高の優美、完璧な優雅さ、寛大な心と舞台栄えがして存在感を放つ容姿は、ライバルたちを青ざめさせたものでした。 Telperion訳:至高の優雅さ、完璧な優美さをそなえ、心は大変広く、舞台での存在感は四方にあふれ出て、パートナーを色あせさせていた。 原本『Noureev』:une grâce de souveraine, une élégance parfaite, une grande générosité de cœur et une présence scénique qui irradiait e...
全部読む

フォンテーンの芸名の由来は母の旧姓

『ヌレエフ』P.132:フォンテーンはブラジル出身でフォント育ちの母親の名前からつけたステージネームだった。 Telperion訳:(芸名フォンテーンは、自身の旧姓がフォンテスであり、ブラジル出身の母に由来する) 原本『Noureev』:(Fonteyn, son nom de théâtre, lui vint de sa mére, elle-même née Fontes, d'origine brésilienne) ヌレエフの無二のパートナー、マーゴ・フォンテーンの説明から。 néeは「生まれた」という意味...
全部読む

女性プロデューサーが男性扱い

『ヌレエフ』P.168:僕がパリに帰らねばならないと答えると Telperion訳:私がパリに帰らねばならないと答えると ヌレエフについて語るDenise Tual。引用する必要がある原文は、この部分ではなく少し前、初めてDenise Tualの名が出る個所。 『ヌレエフ』P.162:プロデューサーのデニス・チュアル 原本『Noureev』:La productrice Denise Tual 男性なら"La productrice"でなく"Le producteur"なので、Denise Tualは女性。実...
全部読む

師は弟子自らの気づきをうながした

『ヌレエフ』P.49:このアーティストは教育的に優れたあらゆる資質を持ち、その知性と忍耐強さのおかげでダンサーたちそれぞれに合った指導方法を見出すことができた。生徒たちにはつま先の強化を強調し、筋肉に注意を払うよう常に言っていた。 Telperion訳:このアーティストの教育者としての才能はひとえに、知性と忍耐をもって、ダンサーたちに自分の流儀を見つけさせ、彼らの優れた点を明らかにし、弟子が自分の筋肉に耳を傾け...
全部読む

フォンテーンの夫は嫉妬された側

『ヌレエフ』P.157:嫉妬深い夫テイト・アリアスがパナマで傷を負い、半身不随になってしまったのだ。 Telperion訳:嫉妬した夫の手でパナマで負傷したティト・アリアスは、麻痺状態に陥った。 原本『Noureev』:Blessé par un mari jaloux à Panamá, Tito Arias se retrouve paralysé. 1964年にマーゴ・フォンテーンの夫ティト・アリアスに起きた事件について。 嫉妬した夫とは事件の加害者 "blessé par"は英語の"wounded by"...
全部読む

母の眼病がソ連当局のせいとまで言えるのか

『ヌレエフ』P.280:その悲惨な戦いの結果一九七九年に視力を失ってしまった。 Telperion訳:1979年に彼女が視力を失っただけに、戦いはなおさら痛ましい。 原本『Noureev』:Une lutte d'autant plus pathétique qu'en 1979 elle perd la vue. ソ連にいるヌレエフの母ファリダが、息子との再会を当局に空しく嘆願し続けたことについて。 "d'autant plus A(形容詞) que B(節)"は「BであるだけますますAである」。 Aに当たるの...
全部読む