エリック・ヴュ=アンを昇進させやすくするためのルグリ昇進

『ヌレエフ』P.260:ベジャールによれば彼はバレエの責任者とオペラ座の最高顧問アンドレ・ラリックに、何度もエトワール指名について提案を行っていた。そのためプルミエ・ダンスールに配属されていたマニュエル・ルグリのエトワール指名も気まぐれで行われたのではない。 Telperion訳:ベジャールの説によると、この振付家はバレエの管理担当者とオペラ座理事長アンドレ・ラルキエに、このダンサーをエトワールとして任命すること...
全部読む

スノードン家のおざなりな呼び方

『ヌレエフ』P.244:スノードン侯 Telperion訳:スノードン一家 原本『Noureev』:des Snowdon ヌレエフのセレブな友人の一例。ここでいうスノードンとはマーガレット王女の夫のこと。もっとも、新倉本でスノードンの名が初めて出るP.202には「マーガレット&スノードン大佐夫妻」とあるし、マーガレットが王妃呼ばわりされているので、新倉本からはスノードンの素性は明らかとは言えない。 新倉訳の不適切さ 一人だけではない...
全部読む

亡命前のヌレエフがCIAに連絡できるとは思えない

『ヌレエフ』P.107:ソヴィエト当局の調査書類は、ヌレエフは西側への移住の意志を持ち、クララ・サンをアメリカ人が操作しているCIAの側近にしていた明白な事実があったとしている。 Telperion訳:ソ連当局の書類は、ヌレエフに西側へ渡る意志があったことを明らかにしているが、なかでも、クララ・サンをアメリカ人に操られたCIAの関係者だと思わせている。 原本『Noureev』:Le dossier de l'agence soviétique met en évidence ...
全部読む

10倍違う署名数

『ヌレエフ』P.292:一九七三年世界各国一万名以上の署名入りの嘆願書が作成されたが、なんの返答も得られなかった。 Telperion訳:世界中で集められた10万以上の署名をまとめた嘆願書が1973年に作成されるが、何の返答も得られないことになる。 原本『Noureev』:Une pétition réunissant plus de cent mille signatures recueillies dans le monde entier sera rédigée en 1973 mais n'obtiendra aucune réponse. ソ連に残った...
全部読む

パトリック・デュポンはパリ・オペラ座の外に出た

『ヌレエフ』P.277:パトリック・デュポンは八六年以降彼を閉め出そうとしていたし、 Telperion訳:パトリック・デュポンは1986年以降、足音高く飛び出すほうを好み、 原本『Noureev』:Patrick Dupond a préféré claquer la porte dès 1986 ヌレエフがパリ・オペラ座監督だった時期の後期、オペラ座ダンサーとの関係が悪化した例として挙げたこと。もっとも、デュポンの自伝の訳本『パリエトワール』(林修訳、新書館)や下でリ...
全部読む

フォンテーンは苦悩よりまず思いやりの人

『ヌレエフ』P.156:深い懊悩を背負うタイプの女性だったマーゴット・フォンテーンは、オレンジ色やラヴェンダー色を傷つけるのを恐れ、本当に好きな色はピンクだと告白したことは一度もなかった。 Telperion訳:ところがマーゴ・フォンテーンは、たとえ拷問されても、オレンジ色や藤色を傷つけるのを恐れ、ピンクがお気に入りの色だと明かさないタイプの女性だった。 原本『Noureev』:Or Margot Fonteyn est le genre de femme qu...
全部読む

第二次世界大戦前は順調に暮らしていた父

『ヌレエフ』P.13:薄給だった父親は、スターリンが少数民族の軍幹部を更迭したため大尉から降格された。 Telperion訳:父(その俸給は雀の涙だった)は、戦後スターリンが軍から少数民族の幹部を全員更迭することを決意したとき、大尉の位から降格されることになる。しかしこの1938年、父にとってスターリンのソ連は神の摂理に思えた。 原本『Noureev』:Son père (dont la solde était misérable) sera cassé de son grade de capit...
全部読む

郵便局に並ぶ理由の強引な改変

『ヌレエフ』P.280:その後二番目の娘のリリアと彼女の夫と孫と共にウーファで二部屋にぎゅうぎゅう詰め込まれ、電話も置かず慎ましい年金で暮らしていた。ルドルフはできるだけ多く送金をしていたが、ソビエト政府はその半分を搾取していた。受け取りのため彼女はリューマチで効かない体で、郵便局に列をなして並んだ。 Telperion訳:その後は乏しい年金で次女リリア、その夫と娘とともに生活した。皆はウーファの2部屋のアパルト...
全部読む

何も教えようとしない真の教師?

『ヌレエフ』P.29:何も教えようとしないのですが、とても音楽的で非常に教養があり、ロシアのディアギレフバレエ団で踊っていた方でした」 Telperion訳:実際には教えていたことはなかったが、とても音楽好きで大変教養があり、以前は何年もディアギレフのバレエ・リュスの一座で踊っていた」 原本『Noureev』:Elle n'avait jamais réellement enseigné, mais elle était très musicienne, fort cultivée, et avait dansé des ann...
全部読む

ロシア革命は両親に実利をもたらした

『ヌレエフ』P.13:結婚前父と母は畑仕事に励み一九二〇年代から共産党員になりました。その思想はとてもわかりやすかったからです。 Telperion訳:結婚前、父と母は単に畑で働いていた。1920年代からは、2人とも共産党員だった。よく分かる。2人にとって、革命は奇跡だったのだ。 原本『Noureev』:Avant leur mariage, mon père et ma mère avaient simplement travaillé dans les champs. Depuis les années 1920, tous deux éta...
全部読む