伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

2015.05.21
マーキュリーとの恋愛は本当? - 怪しすぎる証人
2015.04.30
マーキュリーとの恋愛は本当? - オカルト証言
2015.04.21
ヴァネッサ・レッドグレーヴは勲章制に恩を着せていない
2015.03.30
皇太后の帽子について会社が公言したのではない
2015.03.23
ラテン語の名文句を強引にフランス語扱い

マーキュリーとの恋愛は本当? - 怪しすぎる証人

あまりに検証に堪えない噂は扱ってほしくない

確証に欠ける噂話を耳に入れるのは、必ずしも嫌いではありません。でもMeyer-Stableyが『Noureev』でヌレエフとフレディのロマンス説について書いた文は、「事実ともそうでないともつかない話」のレベルには到底達していません。

フレディ逝去にヌレエフが付き添ったのは真実ではない
前回書いたことで十分でしょう。マーキュリー逝去当時の様子はあちこちで書かれています。文献に少しでも当たれば、「そのときヌレエフがそばにいた」とはとても書けないはず。ヌレエフは見舞いすらしていなさそうです。
二人の証人の身元が不明過ぎ
たとえば「ヌレエフとフレディがデートしているのを見た」といった目撃談なら、発言者が無名の一般人でも、本当だという可能性は否定できません。でもYuri Matthew RyuntyuやRetwick Whitakerは、「ヌレエフが周囲に隠していたフレディへの想いを特に自分に打ち明けた」と主張しています。それが本当であるためには、発言者がヌレエフと深い関係を築くことが絶対に必要なはず。でも私が調べた限り、そう信じてよい材料はまったく見つかりません。

ヌレエフもマーキュリーも話題性は高いのだから、言われている話をすべてうのみにできないのは当然です。Meyer-Stableyも、仕入れた話をすべて事実としては扱っていません。しかしマーキュリーとの噂で怪しげな証人にすがりつき、フレディの身近に実際にいたピーター・フリーストーンやジム・ハットンより優先するとあっては、Meyer-Stableyの真偽判定力を頭から疑ってかからざるを得ません。「ヌレエフはフレディが逝去するときそばにいた」なんてクイーンファンに話したら、死ぬほど馬鹿にされても文句を言えないのでは。

せめて、Meyer-StableyはRyuntyuが読むに堪えない文を書き散らしているのを知らなかったことを願いたいものです。「ヌレエフは心の目でフレディの最期を見届けたと私に言った」という電波発言を知ったうえで、さも本当の看取りのように取り繕ったとしたら、それはねつ造の領域に達しています。

正体不明なRetwick Whitaker

Meyer-Stableyが取り上げた証人の一人Retwick Whitakerは、ヌレエフからこう書かれた手紙を受け取ったそうです。

『ヌレエフ』P.182:
「その日は雨が降っていて、私はフレディのいた大きなホールで泣きました」
Meyer-Stabley原本:
« Il pleuvait et j'etais là à pleurer Freddie dans le grand hall »
Telperion訳:
「雨が降っており、私は広いホールでフレディを悼みました」

ヌレエフがいたというlà(そこ)がどこのことか、私には分かりません。でも、自分の家のホールで遠くのフレディをしのんでいるという可能性を捨てられないと思います(つまり私は「フレディのいた」という新倉訳を疑っています)。だから、Ryuntyuに比べれば、Whitakerの発言には現実味があります。

ところがこのRetwick Whitakerが何者なのか、今に至るまでさっぱり分かりません。

  1. Retwick Whitakerをgoogleで引いても、まったくヒットしません。似た名前の提案すらありません。
  2. ヌレエフの伝記の中で権威が高いとされる『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)にも、ヌレエフ財団が公式に推している『Nureyev: The Life』(Julie Kavanagh著)にも、索引にRetwick Whitakerという名前はありません。
  3. Retwick Whitakerに関するMeyer-Stableyの説明は、l'Australien(オーストラリア人)のみ。

Meyer-Stableyは人名をよく間違えるので、ほんとうはRetwick Whitakerという名前ではないのかも知れません。でも、「本当はこの名前?」と提案したがるgoogleが無反応ということは、やはり一般には知られていないのでしょう。そういう人の身元は伝記作者が説明するべきと思います。ここまで身元不明な人にヌレエフから深い心情を打ち明けられたと言われても、なかなか信じがたい。

やっぱりうさんくさいYuri Matthew Ryuntyu

Yuri Matthew Ryuntyuについては、前回触れた『ROCK IDOL & SUPERSTAR: Freddie Mercury and Rudolf Nureyev』抜粋を読むだけで、信用する気をなくすのに十分でした。でもせっかくだからもう少しだけ書きます。

Yuri Matthew Ryuntyuは自分のサイト(http://ryuntyu.com.au/)からリンクされた謎のページ(http://www.proza.ru/2008/08/11/225)で、ヌレエフからの委託でさまざまな本を出版したと言っています。企画名は"The Russian Cultural Heritage Preservation"とか、"The Rudolf Nureyev Intellectual Heritage: Russia –XX Century"とか、移り変わっているようですが。

不思議なのは、そのプロジェクトにヌレエフの財団が関わっている様子が見えないことです。ヌレエフは自分の財産の大半を財団に遺したのだから、費用は財団が出すほうがよほど予算が潤沢になるはず。何も1992年にサンクト・ペテルブルクでこっそり手筈をととのえなくても。

なお、ヌレエフは1992年3月にサンクト・ペテルブルクにいました。でも体調が悪化し、重体でパリに搬送されています。ドゥース・フランソワやニネル・クルガプキナの目を盗んでRyuntyuと打ち合わせなんて、大変そうですね。

マーキュリーとの恋愛は本当? - オカルト証言

Meyer-Stableyの『Noureev』には、ヌレエフといろいろなセレブの恋愛関係の話も出てきます。ほとんどの場合、関係はごく一時的なものらしく、真偽ははっきりしません。私は信じるとも信じないともつかない態度でいます。でもフレディ・マーキュリーの名前にだけは、そういう生ぬるい気分になれません。

ヌレエフがマーキュリーを看取ったという説明

Meyer-Stableyはヌレエフとマーキュリーの関係にそれなりの行数を割いています。そのなかにこうあります。

『ヌレエフ』P.183:
一九九一年マーキュリーが逝去したとき、ヌレエフは彼に寄り添っていた。
Meyer-Stabley原本:
Lorsque Mercury décédera en 1991, Noureev sera à ses côtés.

誰がそう言ったのかははっきり書いてありません。でも、Meyer-Stableyがヌレエフとマーキュリーの関係の証人として挙げた名前は次の2つ。

Yuri Matthew Ryuntyu(新倉本ではユーリ・マチュー・リュンチュ)
1999年6月22日付のDaily Express紙で、ヌレエフとマーキュリーが情熱的な関係だったと証言。
Retwick Whitaker(新倉本ではレトウイック・ホワイトカー)
マーキュリーの死を悲しむヌレエフの手紙を受け取ったと証言。

逝去つながりということで、「逝去の時ヌレエフが寄り添っていた」の情報源はWhitakerかなと私は思います。

反証のほうがすぐ見つかる看取り説

でもクイーン関係で調べると、そういう話がまったく出てこないことは、すでに「三日月クラシック」のミナモトさんが「続・フレディとヌレエフ」で書いたとおり。私も追加します。

2011年9月9日付のDaily Mail紙の記事
歌手Dave Clarkがフレディをしのびます。マーキュリーが世を去ったとき同じ家にいたのは、Clarkの他にはJoe Fanelli、Peter Freestone、Jim Huttonとあります。
『フレディ・マーキュリーと私』(ジム・ハットン著、島田陽子訳、ロッキング・オン)
フレディの恋人による回想。ここでも同じ家にいたのは上と同じ顔触れのようです。ちゃんと読んでいないので、「ジョー」がJoe Fanelliのことだと断定できませんが。

直接読んだRyuntyuの看取り説

さて、もうだいぶ前になりますが、ひょんなことからYuri Matthew Ryuntyuのサイトを見つけました。在住するオーストラリアで2009年に『ROCK IDOL & SUPERSTAR: Freddie Mercury and Rudolf Nureyev』を出版したそうです。私が初めてRyuntyuのサイトを訪れたときは、その本の一部をPDFファイルとして読むことができました。ええ、びっくりしました。あまりのうさんくささに。

残念ながら、今ではRyuntyuのサイトからその抜粋は読めません。でもファイルは手許にダウンロードしてあるので、少し引用します。抜粋全文に興味がある方は、うまく検索すれば、丸ごと転載したブログに行きあたるかも知れません。広く紹介したい内容ではないし、著作権的に真っ黒なので、ここにはURLを載せませんが。

マーキュリー逝去前日の1991年11月23日、ヌレエフがオーストラリアにいるRyuntyuにパニック状態でかけてきた電話で言ったこと。

I feel telepathically that Freddie is at the threshold of death. This is about to happen.

テレパシーでフレディの死が近いことを察知したって…

There is no face of mine on the silver amalgam of my Venetian mirror – there is the face of my Freddie coming out of it.

自宅の鏡の中に自分でなくフレディの顔が見えたと。

It seemed he was calling from one of his islands...

マーキュリー逝去が報じられた後にヌレエフからかかったという電話の発信元は、どこかの島。リ・ガリかサン・バルテルミーかは分かりませんが。

At 7 pm of November 24, he … passed out.

ヌレエフの言葉から。ロンドンにはいなかったのに、最期をしっかり見届けたと。

オカルト看取り説に出くわした脱力感

そうか、ヌレエフは超自然的な力でフレディを見たから、その場にいた人たちは気づかなかったのか…って、当然のように受け入れろというんですか、その話。信じる前に、ヌレエフかRyuntyuの精神状態を疑うことに、私はまったく気が咎めません。

ま、疑うなら断然Ryuntyuのほうですね。Meyer-Stabley著『Noureev』、そしてDiane Solway著『Nureyev: His Life』や Julie Kavanagh著『Nureyev: The Life』を読む限り、当時のヌレエフが周りに正気を疑われたようには見えません。一方、Ryuntyuは地の文でも、Ryuntyuが描写するヌレエフと同じくらい興奮かつ混乱しているようです。

I knew. I know. I am sure. The next will be … Rudy NUREYEV.
知ってた。知ってる。確かだ。次は…ルディ・ヌレエフだ。(Telperion訳)

いちいちこういう大げさな書き方。読んでいて疲れます。

上に書いた通り、Meyer-Stableyが「彼に寄り添っていた」説をRyuntyuの証言から取ったとは限らないでしょう。1999年6月22日付のDaily Express紙ではRyuntyuはもっとまともに話していて、Meyer-Stableyは「いい証言が見つかった」と無邪気に採用したのかも知れません。でも、ただでさえ「いったいどこから看取り説が出たのさ」と疑わしく思っているところにあんなオカルト説が出てくるのでは、まともに考えるのがあほらしくなります。頭ごなしに否定してはいけないのかも知れません。でも、世間一般でもオカルト話は通常の証言と同等には扱われないものでしょう。

ヴァネッサ・レッドグレーヴは勲章制に恩を着せていない

『バッキンガム宮殿の日常生活』P.69:
有名である私を呼びものにしただけなのです」
Meyer-Stabley原本:
Cela prouve l'attraction qu'ont les institutions sur moi. »
Telperion訳:
私が制度に魅力を感じているという証明になったのです」

女王による勲章授与を説明した部分から、女優ヴァネッサ・レッドグレーヴの談話。直前の文は「私は勲章を受け取ったことをむしろ恥じています(新倉本より)」。ちなみに、レッドグレーヴはCBE、つまり大英帝国勲章のコマンダーを受章した。

構文解析

この文は大きく2つに部分に分けられる。

主文
Cela prouve l'attraction (このことは魅力を証明します)
l'attraction(魅力)を修飾する関係節
qu'ont les institutions sur moi (制度が私に及ぼす)

後半の関係節について注意すべき点は2つある。

関係節の文の目的語はl'attraction(魅力)
関係代名詞qu'は、目的語を表す関係代名詞queの縮約形。つまり、先行詞l'attractionは関係節の文の目的語となる。
関係節の文の主語は"les institutions"(制度)
  • 先行詞l'attractionはqu'に続く文の主語ではないので、主語はqu'の後に存在する。
  • 文の述語は文中唯一の動詞であるont(原形はavoir)。活用形が三人称複数なので、主語は三人称複数の名詞だと分かる。
この2点を満たす名詞は"les institutions"。主語と述語の位置が逆だが、フランス語ではよくある倒置。

以上のことから、関係節の文の原形となる文は"les institutions ont l'attraction sur moi."(制度は私に及ぼす魅力を持っている)だと分かる。

文全体の直訳は、「このことは制度が持つ私に及ぼす魅力を証明します」。つまり、「このこと」はレッドグレーヴが制度に魅力を感じたという証になったということ。文脈から、「このこと」とはレッドグレーヴの受章に違いない。

批判対象は反体制に徹しきれなかった自分

私はレッドグレーヴの名をこの本で初めて知ったほどの不勉強。でも日本アマゾンにある『ヴァネッサ・レッドグレーヴ自伝』(高橋早苗訳、平凡社)のページには、次の紹介文が引用されている。

積極的な政治活動により西欧で最も過激と言われながら、また「英国」を最良に体現すると評される女性
彼女の政治闘争の物語でもある。

どうやらレッドグレーヴは反権力的な言動で知られているらしい。それなら「勲章を受けなければよかった」と述懐しても不思議はない。英国体制への批判を込めて勲章を辞退するほうが、レッドグレーヴにとっては胸を張れる行動なのだろう。

勲章制より有名だと言わんばかりの新倉版レッドグレーヴ

新倉真由美がattractionを「呼びもの」と訳したらしいのは想像が付く。仏和辞書にある訳語の一つなのだから。でも、「有名である」や「しただけなのです」を引き出せそうな語句は原文にはない。「呼びもの」という単語と文脈をもとに、勲章批判の文を創作したように思えてならない。

正直言って、レッドグレーヴが受章によって英国の勲章制に箔を付けるほど有名だとは思えない。なのにあんな自信過剰な発言をしたことにされてしまい、お気の毒。

皇太后の帽子について会社が公言したのではない

『バッキンガム』P.208:
「皇太后が花やリボンやパールや羽根やチュールで飾り立て、クリスマスツリーのような帽子をかぶっていない姿を想像できますか?」
これはフレデリック・フォックス社とシモーヌ・マーマン社に言われたことだ。
Meyer-Stabley原本:
Peut-on imaginer la reine mère sans ses chapeaux fleuris, débauches de rubans, perles, plumes et tulle qui, au dire de certains, ressemblent à des arbres de Noël ? Deux adresses pour les confectionner : Frederick Fox (169, Sloane Street) et Simone Mirman (11, West Hackin Street).
Telperion訳:
花柄でおびただしいリボンやパールや羽根やチュールが付き、クリスマス・ツリーに似ていると言う人もいる帽子をかぶっていない皇太后を想像できるだろうか? これらを作るための住所は2つある。フレデリック・フォックス(スローン・ストリート169)とシモーヌ・ミルマン(ウェスト・ハッキン・ストリート11)である。

王族のファッションとひいきのデザイナーを記述した部分から。

会社が皇太后の帽子を公然と小馬鹿にする不自然さ

私がここの原文を読む気になったのは、「批判的な文は新倉真由美が創作した可能性があるのでとりあえず確認」という方針に従ったため。「~で飾り立て」とか「クリスマスツリーのような」とかは、帽子をかぶっている本人に面と向かって言える表現ではないと思う。

でもそれ以外に、こう発言したのが2つの会社だという新倉真由美の説明への違和感もある。人の帽子への感想を会社が自社の意見として表明する局面はそうはないだろう。私に考えられる状況はせいぜいこれくらい。

  1. 2社はマスコミ
  2. 従業員の内輪話を新倉真由美が大げさに社全体の意見扱いした

Frederick FoxもSimone Mirmanもマスコミではないので(2人については後述)、1番目の選択肢は消える。2番目の可能性は、ずさんで困ったことではある。でも新倉真由美が本当にしたことほどではない。

帽子を描写したのは原著者

皇太后の派手な帽子について書いた第1文は、原文では括弧に囲まれていない。当然、原著者Meyer-Stabley自身による文だと受け取れる。「皇太后はいつも派手な帽子をかぶっている」という説明を反語の疑問文として表現しているのだろう。ところが新倉真由美はこの文を角括弧で囲み、誰かが言ったことをMeyer-Stableyが書き写したかのように見せている。

確かに新倉真由美は、日本語の角括弧に当たる原文の«と»の見方が非常に雑。『ヌレエフ』でも、閉じ括弧»があるのに気付かなかったり(「マリア・トールチーフの談話がロゼラ・ハイタワーのものに」や「談話の語り手も範囲も間違い」を参照)、«と»で囲まれた引用文を地の文のように描いたり(「三日月クラシック」の原文比較5より「P.80 一二〇名のダンサーたちは~」を参照)。

それにしても原文にない左右の括弧が見えたつもりになるのは不注意が過ぎる。Meyer-Stableyが«と»をつけ忘れたと思って意図的に日本語文に「」を足したという可能性すら考えてしまう。

2つの名前は帽子制作者のもの

原文の第2文はコロンで前後に分かれている。こういう風にコロンが使われるのは、コロンの直前に話題にしたことをコロンの後で説明するため。

コロン前の文法説明

コロン前にある"Deux adresses pour les confectionner"(それらを作るための2つの住所)は主語と動詞を備えた文ではなく、名詞句。英語だと"two addresses to make them"。

  1. addressは中心となる名詞で、意味は「住所」、または「器用さ、巧妙さ」。
  2. confectionnerは他動詞の原形で、意味は「作る」。
  3. lesは動詞confectionnerの直前にあり、名詞を修飾していない。だから動詞の直接目的語である代名詞「それらを」だと分かる。
  4. pourは前置詞。ここでは「~のために」という意味だとつじつまが合う。

皇太后の帽子について書いた直後にこうあるのだから、「それら」とは帽子のことだろう。

説明したいのは業者の住所

コロンの後には2つの人名と住所が挙がった。

  1. Frederick Fox (169, Sloane Street)
  2. Simone Mirman (11, West Hackin Street)

次の理由から、これは帽子の制作者とその住所だと推定できる。

  1. 「帽子を作るための2つの住所」の説明として2つの具体的な住所が出た
  2. 周囲で王族の服のデザイナーを説明しているという文脈とも合う
  3. Telegraph紙に載ったFrederick Foxの訃報Simone Mirmanの訃報に、二人ともmilliner(婦人帽子屋)だったとあるし、顧客としてQueen Mother(皇太后)などの王族も挙がっている。

新倉真由美はadresses(住所)を「言われたこと」としたらしい。仏和辞書を引き、具体的な住所が続くのを見た後で、「住所」以外の意味を思いつくほうが難しいのに。帽子の描写を引用の«と»が囲むと信じるあまり、その思い込みに合わせてadressesの意味を創作したのだろうか。

人名を社名に変えたことに根拠はあるのか

Frederick FoxもSimone Mirmanも、原文では名前だけなのに、新倉真由美は「フレデリック・フォックス社とシモーヌ・マーマン社」と会社扱いしている。世を去って久しい帽子デザイナーのことは私には調べがつかないが、上の訃報を読む限り、2人は個人として店を経営していた可能性を無視できない。架空の名前ではないのだから、手を加えるならまずそれでも正しいという確証を得るべき。でも新倉真由美が確証を握った上で「社」を追加したのか、私は非常に疑っている。新倉真由美の文からは、2「社」が帽子を販売していることすら分からないのだから。

原本のミス - 通りの名前

二人の帽子デザイナーの住所は最後の部分しか書いていないが、バッキンガム宮殿があるロンドンにある可能性が最も高い。でもgoogleマップで"West Hackin Street"を検索すると、ロンドンの"West Halkin Street"が検索結果として提示される。googleで"West Hackin Street"を検索しても、ヒットするのは原本『La vie quotidienne à Buckingham Palace sous Elisabeth II』からの引用だけ。正しい住所は"West Halkin Street"なのだろう。

ラテン語の名文句を強引にフランス語扱い

『バッキンガム』P.133:
危険な噂話がある。
Meyer-Stabley原本:
Alea jacta est.
Telperion訳:
賽(さい)は投げられた。

子どもの頃から馬術に打ち込んでいたアン王女が競技大会でその才能を発揮するようになったことを述べた段落にある文。

一向に説明されない噂話

新倉真由美の文があからさまに変な点は、危険な噂話が何なのかがこの後も明かされないということ。アン王女が馬術の大会に出場したのは公の事実。Meyer-Stableyが同じ段落で書くことも、タブロイドより信頼性が高いメディアで普通に取り上げられそうなことばかり。

  • 競技のために進学をあきらめた
  • オリンピックでチームの一員として勝利した
  • 競技が縁で(最初の夫となる)マーク・フィリップスと知り合った

どこが危険な噂話なのか、まったく腑に落ちない。

原文はジュリアス・シーザーが発したとされるラテン語

2つの理由から、原文はフランス語でないことが強く疑われる。

  1. 正しい文法のフランス語として解析するのがとても無理
  2. イタリックで書かれている

イタリックはいろいろな意味で使われるので、それだけで非フランス語だとは決めつけられない。でもこのようにフランス語としては変な文がイタリックで書かれていれば、外国語の可能性を考えていい。

1980年代以前なら、"Alea jacta est."がどこの言葉で何という意味かを探すのは大変な作業だったろう。でも2010年代の今は、googleで検索するだけで、あっという間に答えが出る。

日本語訳「さいは投げられた」に聞き覚えがある人は多いだろう。趣味を優雅に楽しむのに飽き足らず、厳しい競技の世界に飛び込んだアンの覚悟を表すために、Meyer-Stableyは勝負に出たシーザーの言葉を引いた。

無理やりフランス語として読もうとしても破綻する

仏和辞書には、原文の単語3つを思わせる単語がいくつかある。

aléa
偶然、運、危険性
jacter
[口語]話す、しゃべる
est
être(英語のbeに相当する動詞)の直説法現在の三人称単数の活用形。英語のisに相当。

これを見ると、新倉真由美は「危険性」「話す」「~がある(estはこの意味を持つこともある)」を適当に書き換えながら組み合わせ、文を創作したらしいと想像できる。jactaを「噂話」としたらしいのは、飛躍の最たるもの。フランス語でjactaはjacterの直説法単純過去の三人称単数活用形。派生名詞jactaなる単語はラルース仏語辞典にすらない。

『バッキンガム宮殿の日常生活』が昔の翻訳本なら、外国語だと見当をつけてもその先に進めないこともあったろう。調べがつかずに破れかぶれになった訳者に同情したり、ほほえましく思ってもいい。でも『バッキンガム』はgoogleやwikipediaが栄える2011年出版。強引な創作を大目に見るべき事情はない。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する