伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ベジャールとの争いとブルーンの死という二重のショック

『ヌレエフ』P.262:
一九八六年三月二七日、トロントで死の床にあったエリック・ブルーンのもとにヌレエフがコンコルドで向かったときに受けたショックもひどく重たいものだった。
Meyer-Stabley原本:
Le coup est d'autant plus dur que le 27 mars 1986 Noureev prend le Concorde pour rejoindre à Toronto Erik Bruhn, en train de mourir.
Telperion訳:
1986年3月27日にヌレエフがコンコルドに搭乗し、トロントで死の間際のエリック・ブルーンと再会することになるだけに、なおのこと打撃は大きかった。

エリック・ヴュ=アンとマニュエル・ルグリのエトワール任命を巡るトラブルからベジャールに激しく攻撃されていた時期。

"d'autant plus A(形容詞) que B(節)"は「Bであるだけ、なおさらAである」というイディオム。原文のque以降の「ヌレエフが瀕死のブルーンに会いに行った」云々は、このイディオムのB部分。

新倉真由美は原文の主語である「打撃」(le coup)を、死の床にあるブルーンに会いに行ったことによるショックだと解釈したらしい。しかし原文は「ヌレエフがブルーンに会っただけになおさら打撃は厳しい」なので、打撃とはブルーン関連のものではない。つまりこの場合はベジャール事件の打撃。

なお、ベジャールが「アレポ」初演後にヴュ=アンとルグリのエトワール任命を発表したのは、出版本には「一九八六年春」(訳本P.259)としかないが、正確には1986年3月24日。パリオペラ座の公演記録サイトMémOpéraで、「アレポ」説明ページに初演日の記載がある。ヌレエフがブルーンを見舞ったのは、その後の騒動のさなかだった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する