伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

マーキュリーとの恋愛は本当? - 怪しすぎる証人

あまりに検証に堪えない噂は扱ってほしくない

確証に欠ける噂話を耳に入れるのは、必ずしも嫌いではありません。でもMeyer-Stableyが『Noureev』でヌレエフとフレディのロマンス説について書いた文は、「事実ともそうでないともつかない話」のレベルには到底達していません。

フレディ逝去にヌレエフが付き添ったのは真実ではない
前回書いたことで十分でしょう。マーキュリー逝去当時の様子はあちこちで書かれています。文献に少しでも当たれば、「そのときヌレエフがそばにいた」とはとても書けないはず。ヌレエフは見舞いすらしていなさそうです。
二人の証人の身元が不明過ぎ
たとえば「ヌレエフとフレディがデートしているのを見た」といった目撃談なら、発言者が無名の一般人でも、本当だという可能性は否定できません。でもYuri Matthew RyuntyuやRetwick Whitakerは、「ヌレエフが周囲に隠していたフレディへの想いを特に自分に打ち明けた」と主張しています。それが本当であるためには、発言者がヌレエフと深い関係を築くことが絶対に必要なはず。でも私が調べた限り、そう信じてよい材料はまったく見つかりません。

ヌレエフもマーキュリーも話題性は高いのだから、言われている話をすべてうのみにできないのは当然です。Meyer-Stableyも、仕入れた話をすべて事実としては扱っていません。しかしマーキュリーとの噂で怪しげな証人にすがりつき、フレディの身近に実際にいたピーター・フリーストーンやジム・ハットンより優先するとあっては、Meyer-Stableyの真偽判定力を頭から疑ってかからざるを得ません。「ヌレエフはフレディが逝去するときそばにいた」なんてクイーンファンに話したら、死ぬほど馬鹿にされても文句を言えないのでは。

せめて、Meyer-StableyはRyuntyuが読むに堪えない文を書き散らしているのを知らなかったことを願いたいものです。「ヌレエフは心の目でフレディの最期を見届けたと私に言った」という電波発言を知ったうえで、さも本当の看取りのように取り繕ったとしたら、それはねつ造の領域に達しています。

正体不明なRetwick Whitaker

Meyer-Stableyが取り上げた証人の一人Retwick Whitakerは、ヌレエフからこう書かれた手紙を受け取ったそうです。

『ヌレエフ』P.182:
「その日は雨が降っていて、私はフレディのいた大きなホールで泣きました」
Meyer-Stabley原本:
« Il pleuvait et j'etais là à pleurer Freddie dans le grand hall »
Telperion訳:
「雨が降っており、私は広いホールでフレディを悼みました」

ヌレエフがいたというlà(そこ)がどこのことか、私には分かりません。でも、自分の家のホールで遠くのフレディをしのんでいるという可能性を捨てられないと思います(つまり私は「フレディのいた」という新倉訳を疑っています)。だから、Ryuntyuに比べれば、Whitakerの発言には現実味があります。

ところがこのRetwick Whitakerが何者なのか、今に至るまでさっぱり分かりません。

  1. Retwick Whitakerをgoogleで引いても、まったくヒットしません。似た名前の提案すらありません。
  2. ヌレエフの伝記の中で権威が高いとされる『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)にも、ヌレエフ財団が公式に推している『Nureyev: The Life』(Julie Kavanagh著)にも、索引にRetwick Whitakerという名前はありません。
  3. Retwick Whitakerに関するMeyer-Stableyの説明は、l'Australien(オーストラリア人)のみ。

Meyer-Stableyは人名をよく間違えるので、ほんとうはRetwick Whitakerという名前ではないのかも知れません。でも、「本当はこの名前?」と提案したがるgoogleが無反応ということは、やはり一般には知られていないのでしょう。そういう人の身元は伝記作者が説明するべきと思います。ここまで身元不明な人にヌレエフから深い心情を打ち明けられたと言われても、なかなか信じがたい。

やっぱりうさんくさいYuri Matthew Ryuntyu

Yuri Matthew Ryuntyuについては、前回触れた『ROCK IDOL & SUPERSTAR: Freddie Mercury and Rudolf Nureyev』抜粋を読むだけで、信用する気をなくすのに十分でした。でもせっかくだからもう少しだけ書きます。

Yuri Matthew Ryuntyuは自分のサイト(http://ryuntyu.com.au/)からリンクされた謎のページ(http://www.proza.ru/2008/08/11/225)で、ヌレエフからの委託でさまざまな本を出版したと言っています。企画名は"The Russian Cultural Heritage Preservation"とか、"The Rudolf Nureyev Intellectual Heritage: Russia –XX Century"とか、移り変わっているようですが。

不思議なのは、そのプロジェクトにヌレエフの財団が関わっている様子が見えないことです。ヌレエフは自分の財産の大半を財団に遺したのだから、費用は財団が出すほうがよほど予算が潤沢になるはず。何も1992年にサンクト・ペテルブルクでこっそり手筈をととのえなくても。

なお、ヌレエフは1992年3月にサンクト・ペテルブルクにいました。でも体調が悪化し、重体でパリに搬送されています。ドゥース・フランソワやニネル・クルガプキナの目を盗んでRyuntyuと打ち合わせなんて、大変そうですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する