伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

トールチーフとブルーンやバランシンのつながり

『ヌレエフ』P.127:
マリアはバランシンとブルーンとの間でバランスを保つのに最良の手段を講じていた。一方ルドルフはブルーンの話ばかりしていた
Meyer-Stabley原本:
Maria représente surtout le meilleur moyen d'entrer en contact avec Balanchine et Bruhn. D'ailleurs Rudolf ne cesse de lui parler de ce dernier.
Telperion訳:
マリアは何より、バランシンとブルーンにコンタクトを取る最良の手段を表していた。しかもルドルフはマリアにブルーンの話をするのをやめなかった。

ヌレエフと一時期付き合っていたマリア・トールチーフについて。

トールチーフがヌレエフのために役立つ面

"entrer en contact avec ~"は「~との間でバランスを保つ」でなく「~と連絡を取る、知り合いになる」。トールチーフがバランシンやブルーンと連絡を取る手段だというのは、トールチーフならヌレエフをバランシンやブルーンに会わせることができるという意味だろう。実際にヌレエフはトールチーフの紹介でブルーンに会うことになる。

représenterは「講じる」でなく「表す、代表する、意味する」など。それに、トールチーフがヌレエフをブルーンに紹介することを決心するのはこの文の後なので、ここで「講じる」という言葉を使うのは早すぎる。

第2文は第1文の傍証

仏和辞書にあるd'ailleursの意味は主に2つ。

  1. 前に述べたことに付け足すための「その上、しかも」
  2. 前に述べたことと反することを言う時の「~ではあるが」

この場合は、1番目の意味で使われていると考えればつじつまが合う。「マリアがバランシンやブルーンとつながっているのがルドルフにとって魅力的だった」と主張するMeyer-Stableyは、その説を補強するために「ルドルフはひっきりなしにブルーンの話をしていた」と続けているのだろう。

d'ailleursの意味として「一方」は見当たらない。新倉真由美は"par ailleurs"と見間違えたのではないかと思う。

新倉真由美の文の現実性の低さ

バランシンとブルーンは関係が薄い。1963年か1964年にブルーンが「アポロ」客演のためにニューヨーク・シティ・バレエでバランシンの指導を受けたが、結局公演は実現せずじまいだったことが、『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)や『バランシン伝』(バーナード・テイパー著、長野由紀訳、新書館)で触れられている。ヌレエフがトールチーフやブルーンと知り合う1961年では、バランシンとブルーンは面識すらなかったかも知れない。ヌレエフだろうとトールチーフだろうと、2人の間でバランスを取る必要があったとは思えない。

更新履歴

2014/1/24
小見出しの導入などによる書き換え

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する