伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

鍵盤楽器で学んだのは音楽理論

『ヌレエフ』P.298:
「私は子どもの頃鍵盤の上で音符を読むことを覚えました。また対位法とハーモニーを真剣に勉強しました」
Meyer-Stabley原本:
« J'ai su la lire dès mon enfance, mais c'est sur ce clavier, dit-il, que j'ai vraiment étudié le contrepoint et l'harmonie. »
Telperion訳:
「子どものころから音楽を読むことはできましたが、本当に対位法と和声法を学んだのは、この鍵盤の上でです」

音楽を独学したことを語るヌレエフ。

2つの文の分け方

述懐には次の2つの文が含まれ、mais(しかし)でつながっている。文中のdit-il(彼は言った)は談話についての説明であり、談話そのものではない。

  1. J'ai su la lire dès mon enfance,
  2. c'est sur ce clavier que j'ai vraiment étudié le contrepoint et l'harmonie.

新倉真由美は1番目の文がenfanceでなく、clavierの後で終わると考えたらしい。しかし次のことから、その解釈は文法的に正しくない。

  • 1番目の文に含まれる主語と述語のペアが、"J'ai su"とc'estという2つになる。しかし1つの文に主語と述語のペアは1つでなければならない。
  • 2番目の文の先頭がqueになる。文がqueで始まるのは、疑問文や感嘆文などに限られ、ここでは当てはまらない。

各文の構文解説

  • 1番目の文の直訳は「子どものころからそれを読むことができた」。「それ」に当たる代名詞laは女性名詞を指すので、この場合は引用する前の文にある女性名詞musique(音楽)のこと。ただし、「音楽を読む」とは楽譜を読むことだろうから、新倉真由美の意訳「音符を読む」が間違いとは思わない。
  • 2番目の文は"c'est A que B"(BなのはAである)という強調構文。訳文は上に挙げたとおり。

鍵盤の上で学ぶとは

原文のharmonieは、contrepoint(対位法)と対になっているので、和声法のこと。対位法と和声法は西洋音楽の根幹をなす理論。「この鍵盤の上で対位法と和声法を学ぶ」とは、鍵盤でいろいろな和音や旋律を鳴らして、2つの理論を理解したということだろう。

学ぶために使った鍵盤

「この鍵盤」とは、引用した文の前で触れられている、ヌレエフが音楽を学ぶために使ったチェンバロ。大人のヌレエフの楽器を子どもの頃には使えない。だから、「この鍵盤の上で」(sur ce clavier)を子ども時代からできた楽譜を読むことにつなげるのは、文法的に正しくないのはもちろん、意味的にも不自然。新倉真由美の訳では1番目の文が子ども時代に限定されているからなおさら。もっとも、新倉真由美の訳では「この鍵盤」が都合よく「鍵盤」になっている。

更新履歴

2014/1/27
説明を大幅に追記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する