伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

「ヴァレンティノ」におけるヌレエフのユーモア

『ヌレエフ』P.240:
極上のユーモア、露骨なときもあったが、時おり呟くように言っていた微妙な冗談。ケン・ラッセルも気づかなかったかもしれないが、非常に刺激的だった。
Meyer-Stabley原本:
Un humour supérieur : parfois évident, en situation, parfois si subtil qu'il pourrait bien avoir échappé à Ken Russell et à ses intentions - ce qui aiguise notre plaisir.
Telperion訳:
高度なユーモアだ。時には明白で場面に即しており、時にはあまりに繊細なため、ケン・ラッセルとその意図からうまく逃れたのかもしれない。このことに我々は嬉しくなる。

舞踏批評家シルヴィ・ド・ニュサックによる映画「ヴァレンティノ」のヌレエフ評より。新倉真由美は原文の"si subtil"(あまりにも繊細な)を「呟くように言っていた微妙な」としたようです。つまり、ヌレエフ演じるヴァレンティノが小声で「布団がふっとんだ」とか何とかジョークを言っており、監督ケン・ラッセルはそれに気づかなかったらしいと。しかし、視聴者に内容が聞こえる程度には大きな声で主演男優が喋っているのに気づかない監督って、あまりに注意力散漫すぎて私にはどうも信じられません。そもそも、原文にあるhumourが小噺とは限りません。ヌレエフのちょっとした仕草や表情がユーモラスだが、それはラッセルの指図ではないというほうが、ありそうに思えます。

本当は映画「ヴァレンティノ」を自分で見て確かめれば、ミスだと断定する記事として書けたかもしれません。しかし残念ながらそこまでする根性はないので、単に「訳本の内容には納得がいかない」ととどめるのみにします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する