伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ダンサーとしての成功から監督としての成功へ

『ヌレエフ』P.265:
ヌレエフに一体何があったのだろう? 予想を上回る成功が、彼の別の一面を引き出したのかもしれない。芸術監督としての仕事は熱狂的に評価されパリ・オペラ座バレエ団は魔法のような大勝利を収めた。
Meyer-Stabley原本:
Alors, qu'est-il arrivé à Noureev ? Que s'est-il passé ? Un succès supplémentaire, oui, mais d'une nature différente: la reconnaissance enthousiaste de son travail de directeur, le triomphe magistral du Ballet de l'Opéra de Paris.
Telperion訳:
ならばヌレエフに何が起こったのか? 何があったのか? そう、さらなる成功ではあるが、異なる性質のものだ。監督の仕事が熱狂的に認められ、パリ・オペラ座バレエが見事に勝利を収めたのだ。

1986年にアメリカ・ツアーと新作振付「シンデレラ」が成功し、ヌレエフがもめ事を起こさなくなったと書かれた後。

2つの異なる疑問

原文の最初に2つの疑問文が続けて書いてある。どちらの文でも、文中のilは「彼」という代名詞ではなく、非人称構文の仮主語。仏和辞書でarriverと"se passer"を引くと、これらの動詞が仮主語をとりうることが書いてある。

1. qu'est-il arrivé à Noureev ? (ヌレエフに何が起こったのか?)
"à Noureev"(ヌレエフに)とあるので、ヌレエフ一人に関する疑問。
2. Que s'est-il passé ? (何が起こったのか)
この疑問文にはヌレエフを指す語句はない。もっと一般的な疑問文。

Meyer-Stableyが答えるのは起こった出来事一般

続く答えは、"Un succès supplémentaire, oui, mais d'une nature différente:"(追加の成功、そう、しかし異なる性質の)。末尾にコロンがあるので、「異なる性質の追加の成功」なるものがコロンの後で具体的に説明されることが分かる。その説明とは、ヌレエフの認められた監督業とパリ・オペラ座バレエの大勝利で、ヌレエフ一人に関することではない。ヌレエフ一人に関する第1の疑問文への答えというよりは、もっと一般的な第2の疑問文への答えだと思われる。

なぜ「異なる性質の成功」なのか。ヌレエフはダンサーとして数々の勝利を収めてきたが、監督として勝利したのはこれが初めてだったからだろう。

あくまで性格の変化の答えを求める新倉真由美

新倉真由美は、Meyer-Stableyが出した疑問が、「ヌレエフの性格に何が起こったか」だけだと信じているふしがある。まず第2の疑問文を消した。次に「異なる性質の成功だ」というMeyer-Stableyの答えを受け入れず、「予想を上回る成功が彼の別の一面を引き出したのかもしれない」と書き換えた。でもこの答えは原文からあちこち外れている。

  • 「異なる性質の」(d'une nature différente)は直前にある「追加の成功」(Un succès supplémentaire)に関するもの。
  • 「引き出したのかもしれない」に当たる単語は原文にない。
  • "succès supplémentaire"(追加の成功)は、「これまでも成功し続けてきて、さらにもう一つの成功」という意味合い。「予想を上回る」のような意外性は感じられない。

更新履歴

2014/6/18
小見出し導入、段落分けを中心に書き換え

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する