伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

自ら消えたヌレエフ

『密なる時』P.102:
とうとう急旋回を続けた踊りがフィナーレを迎え、彼はとても巧妙な魔法によって連れ去られ、そして消えてしまった。
プティ原本:
Enfin dans le tourbillon de la danse finale, il disparaissait emporté par les maléfices qu'il savait si bien orchestrer.
Telperion訳:
最後の踊りの急旋回の中でついに、彼はあれほどうまく繰り広げるすべに通じていたまじないによって連れ去られ、姿を消した。

最終章「1997年10月10日」より、プティが見たものの描写の最後の文。この章の説明、そして私がこの章についてはいつもより細かいことについては、記事「一つになったプティとヌレエフ」を参照のこと。

魔法をかけたのはヌレエフ

ヌレエフを連れ去った"les maléfices"(まじない)は、関係節"qu'il savait si bien orchestrer"(彼が繰り広げるすべをこれほどうまく知っていた)に修飾されている。この「彼」は当然ヌレエフとしか考えられない。新倉真由美の訳だと誰かに連れていかれたように見えるが、ヌレエフは生前あやつった魔術を自らにかけて消えた。プティの幻想のなかのヌレエフがどちらだろうと大差ないのかも知れないが、それでも後者のほうがヌレエフらしい。

「踊りのフィナーレ」と「最後の踊り」の違い

文中の"la danse finale"を新倉真由美は「踊りのフィナーレ」と解釈しているらしい。しかし、「フィナーレ」という意味のfinaleは男性名詞なので、女性名詞に付く冠詞laは付かない。ここでlaが使われているということは、この語句の名詞は女性名詞danse(踊り)。finaleはそれを修飾する形容詞final(最後の)に女性名詞用の語尾eが追加されたもの。

私の訳「最後の踊りの急旋回の中で」は"dans le tourbillon de la danse finale"の直訳。ヌレエフは踊りをきちんと終わらせる前に、クライマックスの最中で突然去ったのかも知れない。

更新履歴

2014/6/21
小見出しを導入、finaleに関する説明を書き直し

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する