伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ヌレエフの凶暴さは伝聞ほどではないという証言

『ヌレエフ』P.211:
バレリーナのマイナ・ジルガドはヌレエフが巻き起こした残忍な伝説について記述している。
Meyer-Stabley原本:
La danseuse Maïna Gielgud décrit la légende de férocité qui précédait Noureev :
Telperion訳:
ダンサーのメイナ・ギールグッドはヌレエフに先行する凶暴さの伝説について述べている。

précéderは「先行する、先を越す」といった意味。「ヌレエフに先行する凶暴さ」(férocité qui précédait Noureev)とはどういう意味か、この文だけでは私には推測できなかった。しかし、読み進めると次第に分かってくる。

続いてギールグッドが語ること
彼がパートナーにひどい態度を取ったという話をたくさん聞いていた。しかし彼は共演のとき私をいつも助けてくれた。
ギールグッドの談話の後でMeyer-Stableyが述べたこと
実際にはヌレエフほどパートナーをよくサポートする男性ダンサーはめったにいない(「三日月クラシック」の原文比較記事より「P.211 実際ヌレエフが~」の項)。バレリーナが全力を尽くしているのが伝われば、彼はどこまでも辛抱した。

「ヌレエフは言われているほどパートナーに横暴ではない、むしろ優しい」と書いているのだ。そういう文脈を考えると、ここでの「先行する凶暴さ」とは、日本語の「イメージ先行」という言葉と同じく、広まった話での凶暴さが実際の凶暴さを上回ることを指すと推測できる。

「先行する」は「巻き起こす」と言い換えられる言葉かどうか、私は疑問に思う。「巻き起こす」はヌレエフが発生させるということだから、生まれたものはヌレエフの後から付いてくるというイメージが私にはある。

上にリンクした「三日月クラシック」の記事を読むと分かるが、新倉真由美は「ヌレエフはとてもサポート上手だった」という原文を「ヌレエフは下手なバレリーナをろくにサポートしなかった」とほぼ反対の意味に訳している。ここでもMeyer-Stableyがヌレエフの迷惑行動について書きたがっていると誤解しているのは確実だろう。

2014/1/15
引用文の後の説明を箇条書きにするのを中心に書き換え

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する