伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

マカロワやバリシニコフはヌレエフより先に帰国

『ヌレエフ』P.284:
オレグ・ビノグラフ(原文ママ)が提案した招待公演は、後年バリシニコフやマカロワが帰国した際にも同様に行われた。
Meyer-Stabley原本:
Ainsi, l'invitation du Kirov émane d'Oleg Vinogradov qui, après le retour de Barichnikov et Makarova, convie de la même façon le Tartare.
Telperion訳:
そういうわけで、キーロフの招待がオレグ・ヴィノグラドフから発信された。ヴィノグラドフはバリシニコフとマカロワの帰還後、同じ流儀でタタール人を招いた。

1989年11月にヌレエフがレニングラードでキーロフ・バレエのゲストとして「ラ・シルフィード」を踊ったことについて。

仏文解釈

Oleg Vinogradovを関係詞"qui convie de la même façon le Tartare"(同じ流儀でタタール人を招いた)が修飾し、この関係詞を"après le retour de Barichnikov et Makarova"(バリシニコフとマカロワの帰還後)が修飾している。つまり、ヌレエフが招待されたのはバリシニコフとマカロワより後。

マカロワとバリシニコフの帰国時期に関する新聞記事

  • 1989年2月1日のLos Angels Times紙の記事には、レニングラードでキーロフ・バレエとの共演を控えたマカロワのインタビューが載っている。記事にはこうある。

    Makarova is the first defecting Soviet artist to accept an invitation to perform in her motherland.

    亡命したソ連の芸術家のうち、祖国での公演の招待を承諾したのはマカロワが初めてである。(Telperion訳)

  • 1989年7月2日のNew York Times紙の記事には、ヴィノグラドフがバリシニコフとABTをレニングラードに呼ぶ計画が進んでいることが記されている。

更新履歴

2014/1/21
引用文の文脈を追加、小見出しや箇条書きを導入

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する