伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ヌレエフが好きなさまざまな踊り

『密なる時』P.68:
ヌレエフ氏は考える。クラシックバレエであれコンテンポラリーダンスであれ、また一般大衆が好きな祖国を称賛し愛国心を高める民族舞踊であれ、自分はありとあらゆる踊りを愛しているのだと。
プティ原本:
Monsieur Noureev critique. Il aime la danse classique ou contemporaine et comme tout le monde les danses folkloriques qui exaltent les pays qui les dansent,
Telperion訳:
ヌレエフ氏は批評する。古典またはコンテンポラリーのダンスが好きで、皆と同じく、踊る国を熱狂させる民族舞踊が好きだ。

第1文のcritiqueは動詞critiquer(批評する)の直説法現在・三人称単数の活用と思われるが、名詞critique(批評家)という可能性も捨てきれない。いずれにせよ、批評について語っているのは確か。批評は自分の下した評価を他者に知らせる行為であり、「考える」と言い換えるのが適切とは思えない。また、第1文と第2文は独立しており、文法的に第2文が批評の対象だと示す要素はどこにもない。

ヌレエフが好きな踊りとしてプティが挙げたのは、古典、コンテンポラリー、民族舞踊の3つだけ。これら以外にも踊りの種類は無数にあるし、原文で「ありとあらゆる踊り」に当たる表現はない。もしかすると、一見「世界すべて」と見えなくもない"tout le monde"の訳なのかも知れないが、"tout le monde"は「すべての人」というイディオム。

"comme tout le monde"(すべての人のように)は「ヌレエフが民族舞踊を好きだ」という文を修飾している。すべての人とはもちろん一般大衆に限らない。誰もが民族舞踊を好きだというのは強い断定だが、誰でも自分の国の踊りは好きだとプティは信じているのかも知れない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する