伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

監督という肩書は変わらない

『ヌレエフ』P.290:
この時点までオペラ座バレエ団で唯一の主であったヌレエフは以後名誉監督になり、ジャン-アルベール・カルティエによる計画推進が決定したと発表された。
Meyer-Stabley原本:
Seul maître à bord du Ballet de l'Opéra jusque-là, Noureev se retrouve désormais nanti d'un directeur, Jean-Albert Cartier, qui se déclare bien décidé à mener la barque à sa façon.
Telperion訳:
それまでオペラ座バレエの唯一の主だったヌレエフには今後は指示者監督ジャン=アルベール・カルティエが付けられ、カルティエは自分の流儀でかじ取りをする決意が固いことを表明した。

1988年9月からパリ・オペラ座を統率することになったピエール・ベルジェによる、オペラ座バレエ団監督ヌレエフの権限を弱める企ての一環。

ヌレエフはカルティエを押し付けられる

  • 主文の"Noureev se retrouve ~"は「ヌレエフが~に陥る」。
  • ヌレエフが陥った状態である"nanti d'un directeur, Jean-Albert Cartier"とは、"nantir A de B"(AにBを持たせる)というイディオムの受動態を用いた「監督ジャン=アルベール・カルティエを持たされる」。

カルティエは監督めいた立場になる

カルティエを指す"un directeur"は解釈が難しい。

  • 不定冠詞unを使っているので、定冠詞leを使うバレエ団監督"le directeur de la danse"とは異なる存在。
  • ル・モンド紙の記事、たとえばパリ・オペラ座バレエの1989-1990シーズン発表を報じる1989年8月11日の記事によると、当時のカルティエの役職は"administrateur général du Palais Garnier"。だからdirecteurは役職名ではなさそう。

結局私が訳語を「監督」にしたのは、この本でdirecteurは「監督」の意味でよく使われる言葉だから。パリ・オペラ座バレエを実質的に率いるという意味かも知れないし、ヌレエフが持たされるのだから、ヌレエフを監督するという意味かもしれない。

ヌレエフは名誉監督にならない

カルティエがバレエ団運営に口を出し、ヌレエフの権限を弱める立場になることは確かだろう。しかしそれを「ヌレエフが以後名誉監督になる」と表現するのには納得できない。この表現だと、誰か別人が監督になり、ヌレエフは権限がない名誉職に就くという印象を受ける。しかしヌレエフは「双頭の鷲になってガルニエ宮を率いていく気持ちはありません」(新倉本P.290)と言っており、カルティエに監督の座を追われるのでなく、カルティエが共同監督のようになることに反発していることが分かる。それに、契約を更新するかどうかでもめていたとはいえ、ヌレエフに監督以外の地位を与えるという話は、Meyer-Stabley本にも、さらにはDiane Solway著『Nureyev: His Life』やJulie Kavanagh著『Nureyev: The Life』にもない。

カルティエは自分の抱負を自ら発表した

Jean-Albert Cartierを形容する関係節"qui se déclare bien décidé à mener la barque à sa façon"は、2つに分けられる。

  • 前半の述部"se déclare bien décidé à ~(不定詞)"は「自分が~することを固く決心していると明言する」
  • 後半の不定詞"mener la barque à sa façon"は「自分のやり方で船のかじを取る」。

つまり、カルティエは「今後は私のやり方を通す」と自ら表明した。別の誰かが発表したわけでもないし、カルティエが公の場で発表したかは分からない。

更新履歴

2014/6/13
"un directeur"に関する記述の追加を中心に書き直し
2016/5/6
小見出し変更

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する