伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

他の観客とは別行動を取ったプティ

『密なる時』P.66-67:
この滑稽なフェスティバルに参加した後、私は劇場の出口で群衆に急き立てられながらタクシーを探した。劇場の前にはあまりタクシーが来なかったが、チップを弾んで一番時流に乗った話題の場所に連れて行ってもらった。
プティ原本:
Après avoir assisté à ces festivités burlesques, à la sortie le public se bousculait pour obtenir la faveur d'un des rares taxis qui se trouvaient devant le théâtre en leur promettant un bon pourboire s'ils acceptaient de les conduire dans un lieu plus civilisé.
Telperion訳:
これらのこっけいなお祭りを見物した後、出口で観客は、劇場の前にいるごく少ないタクシーのうち一台の好意を得ようと押し合いへし合いし、もっと文明の発達した場所に連れていくことに同意するならチップをはずむと約束した。

プティがヌレエフの勧めで「オー・カルカッタ!」のオフ・ブロードウェイ上演を見た後のこと。

タクシーに乗ろうとしたのは観客

この文の主語は"le public"(観客)であり、タクシーに乗るために押し合いへし合いした(se bousculait)のも、タクシーにチップを約束した(en leur promettant)のも観客。この文でプティを指す代名詞は一切使われていない。後で書くとおり、プティはタクシーに乗ることを早々にあきらめた。

劇場は文明的な場所にない

観客たちはチップを約束するとき、「もしもっと文化の発達した場所に自分たちを連れて行くことに同意するなら」(s'ils acceptaient de les conduire dans un lieu plus civilisé)と条件を付けている。"plus civilisé"は定冠詞leが付いていないので、最上級「最も文明の発達した」でなく比較級「もっと文明の発達した」。観客たちは時流の最先端の場所ではなく、現在いる場所より進んだ場所に行きたがっている。

プティが来ている劇場は、タクシーがなければ帰れないし、そのタクシーも少ない。交通の便の悪いところにあると分かる。よその場所に行くのを「もっと文明の発達した場所に」と表現していることも、劇場のある場所の物寂しさを表している。

ヌレエフの観劇推薦がもとでプティは危険な場所に来た

引用文のすぐ後で、段落を変えてプティの行動が書かれる。それによると、プティは徒歩でホテルに帰ろうとするが、治安の悪い場所に迷い込み、ごろつきの集団に襲われる。しかし幸運にも大事にはならずにホテルに帰れた。その後でプティはヌレエフに電話して、「かくも素晴らしい見世物を推薦してくれたことのお礼を述べた」(原文は"en le remerciant de m'avoir conseillé un si charmant spectacle")。

難を逃れた直後というタイミング、そしてプティにとっては「オー・カルカッタ!」よりその後の災難のほうが印象に残っているらしいことを考えると、プティのお礼には、「いい劇を教えてくれてありがとう」と同時に「君の勧めに従ったせいでひどい目にあった」という嫌味がこもっているように見える。

プティが劇場から徒歩で帰ることにしたなら、災難直後のプティが「ヌレエフの勧めがなければあんなへんぴな場所に行くこともなかった」と八つ当たりしたくなったとしても、心情的に分からなくもない。一方、プティが劇場から別の場所に行き、そこからの帰りに災難にあった場合、完全にヌレエフは無関係。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する