伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

プティに苦労させたパリ・オペラ座バレエのダンサーたち

『密なる時』P.40:
パリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちに怪我をさせないように、床に大きなリノリウムを貼らせるのには、莫大なエネルギーと外交的手腕を使った。おかげで彼らはトゲを刺すような危険に身をさらされることなく、自由に移動し回転し縦横に跳び、メシアン作曲の『トゥーランガリーラ交響曲』を叙情的、かつリズミカルに表現することができるようになった。
プティ原本:
Après avoir dépensé beaucoup d'énergie et de diplomatie pour faire danser le ballet de l'Opéra de Paris sur le sol en le faisant évoluer sur un grand tapis de linoléum afin d'éviter les échardes menaçantes, les danseurs glissent, roulent, déboulent en positions horizontales pour exprimer les sentiments lyriques et rythmés de la Turangalila Symphonie de Messiaen.
Telperion訳:
パリ・オペラ座バレエに床の上で踊らせ、とげの脅威を避けるための広いリノリウムのマットの上で動き回らせるため、多くのエネルギーと外交手段を費やした後、ダンサーたちは滑り、転がり、水平の姿勢で転がり落ちるようになった。メシアンの「トゥーランガリラ交響曲」の抒情的でリズムに乗った感情を表現するためだ。

労力を費やしたのは踊らせるため

プティがエネルギーと外交手段を費やした目的は次のとおり。

  1. pour faire danser le ballet de l'Opéra de Paris sur le sol(パリ・オペラ座バレエを床の上で踊らせるために)
  2. le faisant évoluer sur un grand tapis de linoléum(それをリノリウムの広いマットの上で動き回らせ、)

どちらの語句も使役動詞faireを使った使役文。

  • プティがさせた動作はそれぞれ、danser(踊る)とévoluer(動き回る)
  • プティが動作をさせた相手はそれぞれ、"le ballet de l'Opéra de Paris"(パリ・オペラ座バレエ)とle(それ)

「それ」はパリ・オペラ座バレエの言い換えなので、どちらもプティがパリ・オペラ座バレエに振付を実演させたということになる。

「とげの脅威を避けるため」(afin d'éviter les échardes menaçantes)は、直前に書かれたリノリウムのマット(un grand tapis de linoléum)の目的ではある。しかし原文に「貼る」とか「貼らせる」とかいう意味の単語はないのに、勝手に盛り込むのはどうかと思う。

踊らせるのに労力が要るのはダンサーの気質ゆえ

「踊らせるために多くのエネルギーと外交手段を費やす」というプティの表現は控え目で、これだけ読むと分かりにくいかも知れない。しかし、『ヌレエフ』訳者あとがきで新倉真由美が『密なる時』翻訳の参考文献にしたと公言する原本『Noureev』の第15・16章を読めば、かつてのパリ・オペラ座バレエのダンサーたちがどれほど反抗的だったかが分かる。そして、プティの努力とは「こんな振付が踊れるものか」とそっぽを向くダンサーたちをなだめすかして承諾させることだと、容易に推測できる。「トゥーランガリラ」の振付は当時かなり変わっていたらしく、そのことをプティはこの直後に自慢している

更新履歴

2014/3/6
仏文和訳の説明をもう少し読みやすく書き直し

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する