伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

タラップの上りと下り

『ヌレエフ』P.304:
帰るときは飛行機のタラップを上るのもままならず、一歩一歩ジュードが助けねばならなかった。
Meyer-Stabley原本:
Au retour il descend si péniblement la passerelle de l'avion que Charles Jude doit l'aider marche après marche.
Telperion訳:
帰りは飛行機のタラップを下りるのが一苦労だったので、シャルル・ジュドが一歩一歩助けなければならなかった。

病を押してカリブ海の小島サン・バルテルミー(フランス語での略称はサン・バルト)で過ごした後のヌレエフ。

動詞descendreは「下りる」。英語でdescend(下りる)の反対はascend(上がる)だが、フランス語でdescendreに似たスペルの「上がる」という動詞は使われないらしい。

「タラップを下りるのに苦労する」と「タラップを上がるのに苦労する」の差は小さなものに見える。それでも、以下の理由から、ここでは「タラップを下りる」の方が理にかなっていると思う。

  1. 難易度の差

    身体に問題のない人間にとっては、階段を上るほうが下りるよりきつい。しかし、身体の自由がきかない人間にとっては、下りるほうが上るよりもきつい。足を踏み外した時、上る途中だとつまずくくらいですんでも、下る途中だと一気に下まで転落する危険が高いことを考えれば分かる。だからタラップを上るときより、下るときの方が介助が必要。

  2. 目撃のしやすさ

    『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)には、まさしくMeyer-Stableyが書いた情景、つまりジュドに介添えされながらタラップを下りるヌレエフの写真が載っている。"Peter Nicholls/Times Newspapers Ltd."とあるので、報道写真らしい。考えてみれば、帰りにヌレエフがタラップを上がるのは、サン・バルトからパリに出発しようとしている飛行機であり、タラップを下りるのは、パリに着いた飛行機。報道陣にとっては、サン・バルトでヌレエフが出発するのを待つより、パリの空港で待ち構えるほうが楽なはず。Meyer-Stableyは調査の過程でその報道を目にしたのではないだろうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する