伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ヴァリエーションで僅か三〇分のうちに悪党たちを屈服?

『ヌレエフ』P.67:
まもなく彼は舞台にも復帰した。五九年四月七日彼は再び観客たちの胸をときめかせた。“ドンキホーテ”のヴァリエーションでは僅か三〇分のうちに悪党たちを屈服させた。ソリスト、ルドルフ・ヌレエフは拍手喝采で沸き立つ観客に応えて進み出た瞬間、自らの可能性を垣間見た思いがした。
Meyer-Stabley原本:
Il revient bientôt sur scène, le 7 avril 1959, et recommence à faire chavirer les cœurs. Un soir, il est désigné pour danser la variation de Don Quichotte... et ce soir-là, tous les moulins à vent s'écroulent, tous les brigands sont défaits; en une demi-heure, Rudolf Noureev, danseur soliste, entrevoit son « pouvoir » lorsqu'il s'avance pour saluer vers la salle qui l'acclame debout.
Telperion訳:
彼はまもなく1959年4月7日に舞台に戻り、再び人々の心をぐいぐい揺さぶり始めた。ある夜、彼は「ドン・キホーテ」のヴァリアシオンを踊ることになり…そしてその夜、すべての風車が崩壊し、すべての悪党が追い払われた。30分間、ソリストのルドルフ・ヌレエフはスタンディング・オベーションを送るホールに向かってあいさつするために前に進み出たとき、自分の「力」をかいま見た。

30分なのはヴァリアシオンでなく喝采

セミコロンは弱いピリオド、強いコンマと言うべきもので、前後の文に関連があることを示すために、ピリオドの代わりに使われる。"en une demi-heure"(30分間)が修飾するのは、セミコロンで隔てられた前の文ではなく、続く"Rudolf Noureev," から文末までの文。

「ドン・キホーテ」は復帰舞台でない

ヌレエフが「ドン・キホーテ」で踊った夜は"Un soir"と不定冠詞をつけられているので、確定した日付の夜ではない。つまり前出の日付1959年4月7日とは別な夜。ちなみに伝記『Nureyev: His Life』(Diane Solway著)によると、復帰初日に踊ったのは「ローレンシア」らしい。

Solway本ペーパーバックP.101:
it wasn't until April 7, 1959 (中略) that he returned in a leading role. He once again partnered Dudinskaya in Laurencia,
Telperion訳:
彼が主役で返り咲いたのは、1959年4月7日になってのことだった。再び「ローレンシア」でドゥジンスカヤと組み、

新倉真由美の文の不自然な点

  • そもそもヴァリアシオンは一般に数分足らずで終わるのに、「僅か三〇分」というのにまず面食らう。
  • 音楽が決まっている以上、踊る時間は踊り手の技量に大して左右されないだろう。
  • 私は「ドン・キホーテ」を見たことがないが、ヴァリアシオンが含まれるパ・ド・ドゥーは結婚式で踊られると耳にしている。ヴァリアシオンが悪党を屈服させる見せ場になるバレエが存在するかどうかすら疑問。

更新履歴

2012/11/9
「新倉真由美の訳文の不自然な点」の部分を独立した段落にして加筆
2014/1/17
小見出しを増やす

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する