伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

粗野なエネルギーは確かにあった

『ヌレエフ』P.209:
舞台上で彼が繰り広げたのは粗野なエネルギーでなく、踊りに沿った甘美な時でした。私はすっかり感激しました。
Meyer-Stabley原本:
Ce fut moins l'énergie brute qu'il déployait sur scène que les tendres moments qui suivaient la danse qui me touchèrent.
Telperion訳:
私の心に響いたのは、舞台で彼が披露した粗野なエネルギーより、踊りの後の優しいひとときだった。

ゲルシー・カークランドの述懐。出典は自伝『Dancing on My Grave』で、邦訳本も出ている(「三日月クラシック」の記事に記載あり)。

踊りと甘美な時の関係

動詞suivreには「~に沿って進む」という意味もある。しかし、この文の後でカーテンコールのときのヌレエフが語られることから(「三日月クラシック」の記事より「P.210 彼は踊っている間ずっと~」の項を参照)、"suivaient la danse"は「踊りに沿った」より「踊りに続いた」のほうがつじつまが合う。

カークランドが比較した2つのこと

  1. 原文は"Ce fut A(名詞句) qui me touchèrent."(私を感動させたのはAだった)という構文。名詞句Aに当たるのは、"moins l'énergie brute qu'il déployait sur scène que les tendres moments qui suivaient la danse"。
  2. 名詞句Aは、"moins B(名詞句) que C(名詞句)"(BよりはC)に分解できる。
    名詞句B
    l'énergie brute qu'il déployait sur scène(舞台で彼が見せた粗野なエネルギー)
    名詞句C
    les tendres moments qui suivaient la danse(踊りに続いた優しい時)
  3. 最後の関係節"qui me touchèrent"(私を感動させた)は、述語の活用語尾が三人称複数形なので、三人称複数の名詞を修飾していると分かる。この場合は"les tendres moments"(優しい時)。「私を感動させたのは優しい時だった」という文意にも沿う。

要するに、ヌレエフは舞台で粗野なエネルギーを実際に見せつけた。しかしそれよりも踊った後の時間のほうに、カークランドは感動した。

新倉真由美の構文解析の不備

新倉真由美は多分次のように解釈している。

  1. 原文は"Ce fut A(名詞句) qu'il déployait sur scène"(彼が舞台で繰り広げたのはAだった)という構文。
  2. 名詞句Aに当たるのは、"moins l'énergie brute que les tendres moments qui suivaient la danse"(粗野なエネルギーよりは、踊りに沿った甘美な時)。

しかし2つの問題があるので、この解釈は成り立たない。

  1. "qu'il déployait sur scène"が文末に来ていない。名詞句Aの真ん中に"qu'il déployait sur scène"が割り込むことはありえない。
  2. 最後の"qui suivaient la danse"を解釈できていない。新倉真由美はこの関係節が前の文と別な文であるかのように訳しているが、先行詞がなく関係節だけの部分が独立した文になることはありえない。

更新履歴

2014/6/13
箇条書きと小見出しを導入

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する