伝記『ヌレエフ』の翻訳の検討

『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)と『ヌレエフとの密なる時』(ローラン・プティ著、新倉真由美訳、新風舎)の誤訳と改変。『バッキンガム宮殿の日常生活』(Bertrand Meyer-Stabley著、新倉真由美訳、文園社)の一部も対象

ヌレエフを選んだドゥジンスカヤの正しさ

『ヌレエフ』P.64:
彼の卓越した技量によってドジンスカヤはのびのびと踊れた。彼が選んだパドシスは秀逸な出来だった。
Meyer-Stabley原本:
Elle est surtout soulagée que Rudolf ait aussi bien dansé ― le pas de six notamment fut splendide ―, car cela donne raison à son choix.
Telperion訳:
彼女はルドルフの踊りが同じように優れていたことにとりわけ安堵した(なかでもパ・ド・シスは素晴らしかった)。自分の選択が理にかなっていることが明らかになったからだ。

キーロフのプリマ・バレリーナ、ナタリア・ドゥジンスカヤとキーロフに入団したばかりのヌレエフの共演が成功したことについて。

引用した部分はカンマの前と後で別々の文になっている。後半部分、つまりcarから文末までの部分は、「なぜならこのことが彼/彼女の選択の正しさを示したからだ」となる。

  • "donner raison à ~"は「~の正しさを示す」というイディオム
  • sonは文脈に応じて「彼の」または「彼女の」

長ダッシュ(―)の対は括弧と同じように使われる。括弧の場合と同じく、長ダッシュの対の外側にある文章は、対の内側にある語句を無視しても成立するように書かれる。だから、対の外側にある"son choix"(彼/彼女の選択)が対の内側にある"le pas de six"(パ・ド・シス)を指すことはない。つまり、選択されたのはパ・ド・シスではない。

引用の前半部分で「ドゥジンスカヤはルドルフの優れた踊りに安堵した」と言っていることを考えると、"son choix"は「彼女の選択」、つまりヌレエフをパートナーに起用するというドゥジンスカヤの選択であることが分かる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Telperion

Author:Telperion
バレエへの関心が芽生えたのは2011年1月。その翌月に読んだ『ヌレエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』は、そんな新参の私から見ても、間違いや意味不明な記述が多すぎました。その原因のほとんどが翻訳のひどさだと気づいたことからブログ開設を思い立ち、今は同じ訳者による邦訳本3冊を取り上げています。詳しくはこのブログでしたいこと 第3版をご覧ください。
フランス語の学習を始めたのは『ヌレエフ』に出会う少し前。まだまだ知識は浅く、至らぬところもあるでしょう。お気づきのことはぜひ知らせてください。リンクはご自由に。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
タグ

マーゴ・フォンテーン エリック・ブルーン ノートルダム・ド・パリ パトリック・デュポン マリア・トールチーフ ミック・ジャガー 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する